ダイバーシティ推進の取り組み

当社では「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする会社」「特色ある個性豊かな会社」の実現を目指して、ダイバーシティ推進に積極的に取り組んでいます。

当社のダイバーシティ推進取り組み全体像

当社が掲げる経営理念の実現に向けて、「ダイバーシティ&インクルージョンの実現」を重要な取り組みの一つとして位置付けています。多様な人財の能力を引き出し、生産性を向上させていくことで、経営ビジョンの下支えとなる働きがいの向上、「特色ある個性豊かな会社」の確立につなげていきます。

経営理念の実現

社長メッセージ・役員座談会

社長メッセージ

代表取締役社長 金杉 恭三

代表取締役社長 金杉  恭三

―特色ある個性豊かな会社の確立に向けて―

中期経営計画「AD Vision 2021」では、ダイバーシティ&インクルージョン(以下、D&I)推進を、当社の経営戦略として位置づけていますが、社長のお考えを聞かせてください。

当社は2006年から女性活躍推進を基軸に、D&I推進に積極的に取り組んできました。
女性、障がい者、外国人、シニア、LGBTなどの多様な人財、そして、フルタイム勤務だけではなく、育児や介護等との両立で時間に制約のある勤務など多様な働き方を受け入れ、全社員が活躍できる風土を醸成していくことは、イノベーションを生み出すことはもちろんのこと、お客さまや代理店の皆さまなど、多様なステークホルダーを真に理解することにもつながると考えています。そして、結果的に多くのステークホルダーに親身に寄り添い、信頼される会社になると確信しています。

全社員がD&I推進に対する課題を見つめ、重要性を理解し、部支店単位で開催する「ダイバーシティ推進会議・研修」を通じて、浸透・定着を図っていってほしいと思います。
また、今年度から、エンゲージメントの考え方を取り入れ、本社・第一線が一体となり、「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする会社の実現」に向けて取り組みます。
全社員が会社・上司・職場を信頼し、仕事自体にやりがいを持つ、すなわち「エンゲージメントが高い状態」こそが、D&I推進にもつながり、当社の成長の原動力にもなります。わたくし自身はこれまでの仕事と家庭の両立経験を踏まえ、率先してD&Iを推進していきます。

D&I推進において、当社の管理職のあるべき姿について、社長のお考えを聞かせてください。

これからは従来の一律型マネジメントでは組織は崩壊します。例えば、育児や介護等で時間に制約のある人は、家庭で忙しいからメイン業務をさせるわけにはいかない、あるいは管理職を志向する人が少ないなどは、管理職の思い込みです。管理職の固定観念で部下の活躍の機会を阻害してはいけません。職場にはさまざまな立場や考えの社員がいることを理解し、多様な働き方を受け入れ、全社員が活躍できる風土を醸成していくことが必要不可欠です。
また、コロナ禍の中、新しい生活様式において、リモート・デジタル化が急速に普及しました。リモートワークなど働き方改革が進み、これまで家庭事情などでフルタイム勤務が難しかった人財の能力発揮が可能となり、D&Iが一層進展していきます。以前のような業務運営には戻らない前提で、新しい生活様式への適合やビジネススタイルの変革を進める必要があります。リアルとオンラインの融合により、コミュニケーションはより高度化していきますが、一人ひとりのワークとライフの両面で抱えている事情を理解し、隣の人がどのような仕事でどのようなことに困っているのか、そして、仕事以外でもどんな事情を抱えているのか、お互いをよく知り、理解するといったことが当たり前にできる環境を整備していくのが管理職の大きな役割だと思います。当社がさまざまな取り組みを進める上での最重要基盤は人財です。当社で働く人財が情熱をもってチャレンジし、活躍できる会社であり続けるためにも会社として制度面や運営面で全力でサポートしていきます。

役員座談会 〜女性活躍から全員活躍へ〜

全社員が活躍するための基盤となるD&I推進。多様な社員がお互いを理解し合い、一人ひとりが「働きがい」を実感するために大切にしていることを聞きました。

対談の内容はこちら

役員座談会(橋、一蛛A兵藤)

執行役員 橋  芳一

経歴
2000年 千代田火災海上保険株式会社 入社
2012年 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 経営企画部 担当部長
2013年 経営企画部 機能別再編推進室長
2015年 金融法人第一部長
2018年 理事 企業・金融営業開発部長
2020年 執行役員(営業統括部長委嘱)

常務執行役員 一  若菜

経歴
1982年 大東京火災海上保険株式会社 入社
2011年 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 人事部 人財革新グループ長
2013年 業務品質向上推進部長
2014年 理事 業務品質向上推進部長
2015年 理事 湘南支店長
2017年 執行役員(業務品質向上推進部・コンプライアンス部担当)
2019年 執行役員(埼玉地域担当)
2020年 常務執行役員(埼玉地域担当)
2021年 取締役 常務執行役員(損害サービス業務部・あんしん24損害サービス部・あんしんサポート損害サービス第一部)

人事部長 兵藤  郁子

経歴
1991年 大東京火災海上保険株式会社 入社
2009年 人事企画部 人財革新グループ長
2011年 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 業務品質向上推進部 企画グループ長
2015年 コンタクトセンター事業部 東京カスタマーセンター長
2018年 総務部長
2021年 理事 人事部長

ダイバーシティ推進の取組状況

DIVERSITY & INCLUSIONDIVERSITY & INCLUSION

当社のダイバーシティ推進の取組みの詳細をご紹介しています。

ダイバーシティ推進室の設置

社内に専門部署である「ダイバーシティ推進室」を設置し、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。

ダイバーシティ推進室の設置

部支店ダイバーシティ推進会議の取り組み

当社では、女性活躍推進や障がい者雇用・定着支援、人権啓発活動等を通じ、多様な人財・価値観を受け入れる組織風土を根付かせるため、2019年度より全国の各部支店において「部支店ダイバーシティ推進会議」「ダイバーシティ推進研修」を実施し、推進取り組みのPDCAをまわしています。2021年度は「部支店ダイバーシティ推進会議」を軸に、人権尊重を前提に、ダイバーシティ推進の更なる浸透に加え、エンゲージメント向上(エンゲージメントとは会社と社員の確固たる信頼関係と位置付けています)と連動した改善取り組みを実施。多様な社員の活躍に向け、安心して働ける職場環境の整備と意識改革・意欲向上に向けた施策を強化していきます。また、ダイバーシティ推進室からは地域の大学・自治体等のダイバーシティセミナーや異業種交流会、障がい者スポーツイベント等、社員一人ひとりの多様な価値観や新たな発想力を育むための情報を提供するなど取り組みを支援していきます。

部支店ダイバーシティ推進会議の取り組み

主な社外からの評価

総合

経済産業省・東京証券取引所 令和2年度
「なでしこ銘柄」選定
MS&ADグループとして持株会社が選定

なでしこ銘柄

経済産業省 平成25年度
「ダイバーシティ経営企業100選」受賞

ダイバーシティ経営企業100選

厚生労働省 令和2年度
女性活躍推進法に基づく優良企業認定
「えるぼし」2段階目取得

えるぼし
厚生労働省 平成27年度
子育てサポート企業として「くるみん認定」取得

一般財団法人日本次世代企業普及機構
第5回ホワイト企業アワード2020
「ダイバーシティ&インクルージョン部門」受賞

ホワイト企業アワード

経済産業省 日本健康会議
「健康経営優良法人2021」認定

健康経営優良法人
地域 平成29年度
「こうべ男女いきいき事業所表彰」受賞
平成29年度
「女性が輝く元気企業とやま賞」受賞

令和2年度
「あいち女性輝きカンパニー」認証

あいち女性輝きカンパニー
平成27・28・29・30年度・令和元年度
「東京都スポーツ推進モデル企業」認定
平成28年度
「熊本市子育て支援優良企業」受賞

平成28年
「大阪市女性活躍リーディングカンパニー★★」認証

大阪市女性活躍リーディングカンパニー★★

キャリアアップのためのチャレンジ制度

当社では、社員の自己実現の機会提供と、意欲ある人財、専門性の高い人財の発掘を目的として、キャリアアップのためのチャレンジ制度を設けています。

社内異動 あいチャレンジ 本拠地以外で今までのキャリアを活かし更なる活躍拡大を目指す制度です。(地域型社員限定・3年限度)
特定部署への異動 本社・関連企業の特定部署・ポストへ応募するコースです。新たな領域にチャレンジし、視野を広げ、社員の成長に繋げます。
社外研修 大学院派遣制度

<一橋ビジネススクール:HUB>(経営分析・国際企業戦略専攻)
企業経営に関わる高度な専門知識と分析能力を備えた人財の育成、ならびに他産業の優秀な人財との交流による幅広い視野を養うことを目的として派遣しています。

<滋賀大学大学院データサイエンス研究科>
データサイエンス力・データエンジニアリング力に加えて、実際にデータの解析結果を活用し、価値創造できる人財の育成を目的として派遣しています。

海外研修制度 当社のグローバル戦略の進展に伴い、国際的視野、多様な価値観を持った専門的な人財の育成を目的として、2011年度から当社の海外現地法人で1年間にわたり実践的な業務に携わる海外研修制度(公募制)を設けています。
海外・国内留職
プログラム
タフなグローバルマインドや現状を突破するイノベーションを培うことを目的に、2020年度から国内外で新規事業に取り組む新たなプログラム(ともに公募制)を新設しています。
公益財団法人
21世紀職業財団
女性のための管理職研修や「エンパワーメント21世紀塾」への参加を通じて、モチベーションアップ、能力向上を図ると共に、異なる会社で働く女性の社外ネットワークの構築を図り、女性活躍推進のノウハウを習得します。
昭和女子大学
キャリアカレッジ
(女性マネジメントステップアップコース)
管理職として必要な経営的な視点をリアルなケースで考えるとともに、自身のキャリア、自社、社会の変化を俯瞰し、その中で、まだ少数ではある女性の管理職として、自分の強みを活かしリーダーシップを発揮するための力を身に付ける。