お車の補償

基本補償

お車の補償(車両保険無過失事故特約)について動画で確認する

自動 ・・・自動的にセットされます。

希望 ・・・ご希望によりセットできる補償です。別に定める保険料を払い込んでいただく必要があります。

車両保険

希望

開く

ご契約のお車が衝突、接触などの事故により損害を被った場合に、車両保険金額(注1)を限度に、保険金をお支払いします。なお、車両保険では、免責金額(注2)を設定いただきます。

  • (注1)車両保険金額は市場販売価格相当額を参考にお決めください。
  • (注2)「1回目事故0万円、2回目以降事故10万円」をおすすめします。なお、ご契約条件により、選択いただけない場合もあります。詳細は、代理店・扱者/仲立人、または当社にお問合わせください。
おすすめ
車両保険は、「一般補償」と「10補償限定(注3)」の2つのご契約タイプからお選びいただけます。
補償範囲の広い「一般補償」をおすすめします。
  • (注3)車両保険「10補償限定」特約をセットしたご契約タイプをいいます。
車両保険
  • (注4)車両盗難対象外特約をセットした場合は、盗難による損害は補償できません。
  • (注5)「いたずらの損害」には、「ご契約のお車の運行によって発生した損害」および「ご契約のお車と他の自動車(原動機付自転車を含みます)との衝突または接触によって発生した損害」を含みません。
  • (注6)鳥類など飛来中の動物との衝突は「H飛来中または落下中の他物との衝突」に含まれます。
  • (注7)地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約をセットすることで、地震等保険金をお支払いします。この特約により、ご契約のお車が地震・噴火・津波により「全損」(特約で定める基準によります)となった場合に、定額で50万円(車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額とします)をお支払いします。

ご注意

  • 故障による損害(バッテリー上がりを含む)や、タイヤ(チューブを含む)のみの損害(火災、盗難による損害を除く)は、保険金をお支払いしません。

例えばこのような事故の時

お客さまが一時停止の標識に気づかず交差点を直進し、Eさんのお車と衝突。お客さまのお車に損害(100万円)が発生。
一時停止標識がある交差点での、直進車同士の出合頭事故。
お客さまの責任割合が80%、Eさんの責任割合分20%はEさんの対物賠償保険から支払われる場合の例(責任割合は一例)。

具体例

車両価額協定保険特約

自動

開く

車両保険をセットしたご契約に自動的にセットされます(リースカー車両費用特約をセットしたご契約には適用されません)。
ご契約時の「ご契約のお車の市場販売価格相当額」を価額として協定し、車両保険金額を定めることで、保険期間中の経年減価にかかわらず、協定した価額を限度に保険金をお支払いします。

  • 協定保険価額がご契約のお車の実際の市場販売価格相当額を著しく超える時は、そのお車の市場販売価格相当額を限度に保険金をお支払いします。

全損時諸費用特約

自動

開く

車両保険をセットしたご契約に自動的にセットされます(リースカー車両費用特約をセットしたご契約を除く)。
ご契約のお車が、車両事故により全損となった場合や、ご契約のお車が盗難された場合で、車両保険の保険金が支払われるときに、車両保険金額の10%(下限10万円、上限20万円)(注)をお支払いします。

  • (注)新車特約をセットし、お車を買い替えたことにより新車保険金額を限度に車両保険金が支払われる場合は、新車保険金額の10%(下限10万円、上限20万円)をお支払いします。
おすすめ
保険金支払額が「2倍」となる「全損時諸費用倍額払特約」もあります。

車両保険無過失事故特約

自動

開く

次の1から3のいずれかの条件に該当する場合に、次契約の等級・事故有係数適用期間の決定においてノーカウント事故として取り扱い、車両保険金をお支払いします。ただし、1または2に該当する場合は、「相手自動車(所有者がご契約のお車の所有者と異なる自動車)」と「その運転者または所有者」が確認できる場合に限ります。

  • 1.ご契約のお車と相手自動車との衝突・接触事故で、その事故が次の(1)から(4)のいずれかに該当し、かつ、客観的事実に照らしてご契約のお車を使用または管理していた方に過失がなかったことが認められる場合
    • (1)相手自動車に追突された事故
    • (2)相手自動車のセンターラインオーバーによる事故
    • (3)相手自動車の赤信号無視による事故
    • (4)駐停車中に相手自動車に衝突・接触された事故
  • 2.上記1以外のご契約のお車と相手自動車との衝突・接触事故で、当社がその事故状況を調査した結果、ご契約のお車を使用または管理していた方に過失がなかったと認められる場合
  • 3.不正アクセス(ハッキングなど)やご契約のお車の欠陥などに起因して、他物との衝突・接触事故やご契約のお車の転覆・墜落事故が発生し、ご契約のお車の所有者および運転者に過失がなかったことが確定した場合または判例などに照らして認められる場合

ご注意

本特約の対象の事故でも、新車特約、または車両超過修理費用特約に該当する保険金をお支払いする場合は、3等級ダウン事故として取り扱います。

オプション補償

希望・・・ご希望によりセットできる特約です。別に定める保険料を払い込んでいただく必要があります。

ただし、「ハートフルリサイクル」(リサイクル部品使用特約)を除きます。

新車特約

希望

開く

車両事故により、ご契約のお車に次の1、または2の損害が発生した場合で、かつ事故の日の翌日から90日以内にお車を買い替えられた場合に、「代替自動車の購入費用(新車保険価額を限度)」をお支払いします。また、お車を修理する場合には、事故の日の翌日から90日以内に修理が完了した時は、その修理費を、新車保険価額を限度にお支払いします。

  • 1.お車が修理できない場合、または修理費が「協定保険価額(車両保険金額)」以上の場合
  • 2.修理費が、新車保険価額の50%(内外装、外板部品のみの損傷の場合を除く)以上の場合

ご契約の対象のお車

満期日の属する月が、ご契約のお車の初度登録(検査)年月の翌月から起算して61か月以内のお車(型式不明車、リースカーを除く)。
ただし、車両超過修理費用特約、車両盗難対象外特約、リサイクル部品使用特約、リースカー車両費用特約をセットした場合は対象ではありません。

車両超過修理費用特約

希望

開く

次の1、および2の条件に該当する車両事故の場合に、車両保険金額に30万円を加えた金額を限度に、実際の修理費を車両保険金としてお支払いします。

  • 1.ご契約のお車に車両保険金額を上回る修理費が発生した場合
  • 2.事故の日の翌日から6か月以内に、ご契約のお車の修理が完了した場合

ご注意

本特約の適用で車両保険金額を上回る車両保険金が支払われる場合、全損時諸費用特約の全損時諸費用保険金はお支払いしません。

ご契約の対象のお車

始期日の属する月が、ご契約のお車の初度登録(検査)年月の翌月から起算して26か月目以降のお車
ただし、新車特約、リースカー車両費用特約をセットした場合は対象ではありません。

地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約

希望

開く

ご契約のお車が地震・噴火・津波により、この特約で定める全損(注1)となった場合に、定額で50万円(車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額とする)(注2)をお支払いします。

  • (注1)地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約に定める全損に該当する主な条件は次のとおりです(車両保険などに定める全損とは異なります)。
    • (1)ご契約のお車に次のすべてを満たす損害が発生した場合
      • ルーフの著しい損傷
      • 3本以上のピラーの折損、断裂、またはこれと同程度の損傷
      • 前面・後面ガラス、および左右いずれかのドアガラスの損傷
    • (2)ご契約のお車が流失、または埋没し、発見されなかった場合
    • (3)運転者席の座面を超える浸水を被った場合 など
  • (注2)この特約は、生活に欠かせない移動手段を確保することなどを目的として、記名被保険者に定額の一時金をお支払いするものです。

ご注意

  • 保険金をお支払いした場合でも、当社はご契約のお車について被保険者が有する所有権を取得せず、廃車や撤去などに要する費用を負担しません。

ご契約の対象とならないケース

車両保険「10補償限定」特約をセットした場合

「ハートフルリサイクル」(リサイクル部品使用特約)

希望

開く

車両事故に伴い、ご契約のお車の修理にあたって部分品の交換が必要な場合に、リサイクル部品の使用を前提とした修理費に基づいて車両保険金をお支払いします。
ご契約の際、車両事故時にリサイクル部品を使用して修理することを決めていただくことで、車両保険料を5%割り引きます。

ご注意

  • 安全面を考慮して、クーラーコンデンサー、ヘッドランプ、テールランプ以外の機能(保安)部品や消耗品、小部品は、新品部品を使用します。
  • 修理工場に入庫する際は、修理にリサイクル部品を使用する旨を必ずお伝えください。
  • ご契約のお車を修理工場に入庫した日の翌日から起算して7日以内(祝日、年末年始、お盆の期間を除く)に部品を調達できない場合は、新品部品を使用します。

ご契約の対象のお車

始期日の属する月がご契約のお車の初度登録(検査)年月の翌月から起算して36か月目以降の国産の自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車。
ただし、新車特約をセットした場合は対象ではありません。

  • このページは「タフ・クルマの保険」の概要を説明したものです。ご契約にあたっては、必ず「タフ・クルマの保険パンフレット」、および「重要事項のご説明」をあわせてご覧ください。
    また、詳細は「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意しています。当ホームページでご確認いただくか、もしくは代理店・扱者/仲立人、または当社までご請求ください。
    ご不明な点は、代理店・扱者/仲立人、または当社にお問合わせください。
  • 「タフ・クルマの保険」は、「個人総合自動車保険」のペットネームです。

2018年10月承認 承認番号:GB18A010680