おケガの補償

基本補償

おケガの補償(入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約)について動画で確認する

自動 ・・・自動的にセットされます。

人身傷害保険(自動車事故特約セット)

開く

人身傷害保険は自動的にセットされます。自動車事故特約のセットをおすすめします。

下図の1〜3の自動車事故により、被保険者が死傷した場合、お客さまの損害の額(注1)に基づいて、保険金額を限度に保険金をお支払いします。
なお、労働者災害補償制度から給付がある場合は、その給付額を差し引いてお支払いします。
ただし、自動車事故特約をセットしない場合は、下図2、3の事故は対象ではありません。

  • (注1)「お客さまの損害の額」(治療関係費、休業損害、精神的損害、逸失利益など)は、普通保険約款に記載された損害額基準(人身傷害条項損害額基準)に従い当社が認定します。相手の方の賠償基準と異なる場合があります。
  • ※1賠償資力が十分でない無保険車との事故により、死亡、または後遺障害を被った場合、2億円(人身傷害保険の保険金額が無制限の場合は、無制限)を限度に補償します。
  • ※2ケガの治療を受ける場合は、健康保険などの公的制度をご利用ください。

被保険者と補償の対象の事故

被保険者(注2) (注3)   記名被保険者、およびそのご家族の方
ご契約のお車に乗車中の方
補償の対象の事故

1.ご契約のお車に乗車中の事故

人身傷害保険の被保険者の補償の対象の事故

2.他人の自動車(注4)に乗車中の事故(注5)

人身傷害保険の被保険者の補償の対象の事故

3.歩行中、自転車乗車中などの自動車事故

人身傷害保険の被保険者の補償の対象の事故

  • (注2)ご契約のお車の自動車事故により死傷し、かつ、自動車損害賠償保障法(以下、「自賠法」という)第3条に基づく損害賠償請求権が発生しない場合に、自賠法第2条第3項に定める保有者と自賠法第2条第4項に定める運転者も補償の対象です。
  • (注3)自動車事故特約をセットした場合、記名被保険者、およびそのご家族の方が自ら運転者として運転中の他人の自動車に乗車中の方も補償の対象です。
    ただし、記名被保険者、およびそのご家族の方の使用者の業務(家事を除く)のために運転中のその使用者の所有する自動車に乗車中の方を除きます。
  • (注4)他人の自動車には、次の(1)〜(4)に該当する方が所有、または常時使用する自動車は含まれません。
    • (1)記名被保険者
    • (2)(1)の配偶者
    • (3)(1)または(2)の同居の親族
    • (4)(1)または(2)の別居の未婚(これまでに婚姻歴がないことをいう)の子
      ただし、(4)の方が所有、または常時使用する自動車は、(4)の方が自ら運転者として運転中の場合に限り、「他人の自動車」に含まれません。
  • (注5)他人の自動車を運転中の事故で、他車運転特約でお支払いできる場合、自動車事故特約による人身傷害保険金については重ねてお支払いしません。
おすすめ
保険金額はお車に乗車される方の年令、収入、扶養家族の有無などに基づいて、十分な金額で契約されることをおすすめします。詳細は、下表「総損害額例」をご覧ください。

お支払対象の損害

傷害による損害 積極損害(救助捜索費、治療関係費(注6)、文書料、その他の費用)、休業損害、精神的損害
後遺障害による損害 逸失利益(注7)、精神的損害、将来の介護料、家屋の改造費、その他の損害
死亡による損害 葬儀費、逸失利益(注7)、精神的損害、その他の損害
  • (注6)①応急手当費 ②護送費 ③診療費および施術料 ④通院費、転院費、入・退院費 ⑤看護料 ⑥入院中の諸雑費 ⑦義肢等の費用 ⑧診断書等の費用をいいます。
  • (注7)交通事故等で死亡したり、後遺障害を被らなければ、これから先当然得られたであろうとされる経済的利益の損失のことをいいます。

例えばこのような事故の時

お客さまのお車とDさんのお車が交差点で出合頭に衝突。お客さまが入院6か月のケガをされた。
お客さまの責任割合は70%(責任割合は一例)。

人身傷害保険の具体例

Dさんからの賠償に先行して、当社が、保険金額の範囲内で、お客さまの損害の額を補償します。

  • 上図は、相手の方からの賠償に先行して、お客さまの損害の額の受け取りを希望された場合(先行全額払)の具体例です。

総損害額例(各年令別の損害の額の目安)

年令 扶養家族 死亡された場合 重度後遺障害(注8)の場合
25才 有(1名) 8,000万円 1億6,000万円
7,000万円
35才 有(2名) 8,000万円 1億5,000万円
6,000万円
45才 有(2名) 7,000万円 1億4,000万円
6,000万円
55才 有(2名) 6,000万円 1億2,000万円
5,000万円
65才 有(1名) 4,000万円 9,000万円
3,500万円
  • (注8)重度後遺障害とは、神経系統や胸腹部臓器の機能などに著しい障害を残し、介護を要する場合をいいます。保険金額の2倍を限度に(ただし、保険金額が無制限の場合は無制限)、保険金をお支払いします。

複数のご契約があるお客さまへ

自動車事故特約は、1つのご契約のみにセットしていれば、記名被保険者、またはそのご家族の方が、歩行中や特約の条件を満たす他人の自動車に乗車中などの自動車事故にあわれた場合も補償されます。
なお、複数のご契約がある場合、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄になることがあります。ご契約にあたっては、補償内容について、ご要望に沿った内容であることを必ずご確認ください。

  • ※1この補償は、記名被保険者、またはそのご家族の方が所有する他の自動車に、自動車事故特約をセットしないことで重複部分をなくすことができます。
  • ※2複数あるご契約のうち、自動車事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約を解約した時や、ご家族の状況が変化(同居から別居への変化など)した時に、補償がなくなることがあります。ご注意ください。

ご注意

  • お客さまの損害の額を相手の方の賠償に先行してお支払いするために、相手の方の有無、過失の有無にかかわらず、事故の際はただちにご契約の代理店・扱者/仲立人、または当社にご連絡ください。
  • 当社が保険金をお支払いした時は、当社は次の1、または2のうちいずれか少ない額を限度としてお客さまが取得する債権を取得します。
    • 1.当社が支払った保険金の額
    • 2.お客さまが取得する債権の額(1の額が損害の額(注)に不足する場合は、債権額から不足額を差し引いた額)
  • (注)訴訟などで人身傷害条項損害額基準と異なる基準で算出された場合はその額

オプション補償

希望・・・ご希望によりセットできる特約です。別に定める保険料を払い込んでいただく必要があります。

入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約

希望

開く

人身傷害対象事故に伴い、事故後の生活を支えるために必要な以下の1・2の保険金をお支払いします。
なお、本特約の被保険者の範囲は人身傷害保険と同じです。人身傷害保険に自動車事故特約、または交通事故特約がセットされている場合は、人身傷害保険、およびその特約の被保険者と同じです。ただし、胎児は対象となりません。

お支払いする保険金

1.入院時人身傷害諸費用保険金

被保険者が傷害を被り入院した場合に、次の費用をお支払いします。

費用の種類 お支払限度額
(1)ホームヘルパー雇入費用 1日あたり20,000円 被保険者1名につき、左記(1)〜(8)を合計して200万円限度
(2)介護ヘルパー雇入費用 1日あたり20,000円
(3)ベビーシッター雇入費用 (3)と(4)を合計して、1日あたり20,000円
(4)保育施設預け入れ費用
(5)ペットシッター雇入費用 (5)と(6)を合計して、1日あたり20,000円
(6)ペット専用施設預け入れ費用
(7)差額ベッド費用 1日あたり20,000円
(8)転院移送費用 転院1回分、かつ100万円
  • ペットは、犬または猫に限ります。
2.後遺障害時人身傷害諸費用保険金

被保険者が特約に定める後遺障害を被った場合に、次の費用をお支払いします。

費用の種類 保険金の額
リハビリテーション訓練等(注1)の費用 支払対象期間中の訓練期間1か月につき定額5万円
福祉機器等(注2)の取得費用 支払対象期間中に負担した福祉機器等の取得費用の実額(1事故、被保険者1名につき500万円限度)
  • (注1)後遺障害により事故前の仕事が続けられなくなり、新たな仕事に就くために受講した職業訓練や資格取得講習等
  • (注2)福祉車両、電動車いす、障がい者用パソコン等

人身傷害入院時
頼れるサポート

本特約の支払対象事故により被保険者が入院し、家事・介護・育児の代行の必要があった場合に、ご希望によりホームヘルパー・介護ヘルパー・ベビーシッターを派遣する業者をご紹介します。
  • 一部離島や年末年始等、地域や時期によっては、ご紹介できない場合があります。

自立支援サービス

被保険者が後遺障害(7級以上)を被った場合に、ご希望により社会福祉士(ソーシャルワーカー)をご紹介し、自立を支援するための各種情報提供やアドバイスをさせていただきます。

複数のご契約があるお客さまへ

入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約は、自動車事故特約、または交通事故特約をセットしていれば、記名被保険者、またはそのご家族の方が、以下の事故にあわれた場合も補償されます。

  • 1.自動車事故特約をセットしている場合
    歩行中や特約の条件を満たす他人の自動車に乗車中などの自動車事故
  • 2.交通事故特約をセットしている場合
    上の1の自動車事故、および自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合などの自動車事故以外の交通事故

なお、複数のご契約がある場合、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄になることがあります。ご契約にあたっては、補償内容について、ご要望に沿った内容であることを必ずご確認ください。

  • ※1この特約は、記名被保険者、またはそのご家族の方が所有する他の自動車に、自動車事故特約、または交通事故特約をセットしないことで、重複部分をなくすことができます。
  • ※2複数あるご契約のうち、自動車事故特約、または交通事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約を解約した時や、ご家族の状況が変化(同居から別居への変化など)した時に、補償がなくなることがあります。ご注意ください。

傷害一時金特約

希望

開く

人身傷害対象事故により、被保険者(注1)がケガをした場合に、治療日数(注2)や傷害の部位・症状に応じて、以下の一時金をお支払いします。

  • (注1)本特約の被保険者の範囲は、人身傷害保険と同じです。
    人身傷害保険に自動車事故特約、または交通事故特約がセットされている場合は、人身傷害保険、およびその特約の被保険者と同じです。ただし、胎児は対象となりません。
  • (注2)医師の治療のために、病院、もしくは診療所に入院・通院した実治療日数です。

お支払いする保険金

1.治療日数が4日以内の場合

1万円

2.治療日数が5日以上の場合
被保険者が被った傷害 保険金支払額
(1)打撲、挫傷、擦過傷、捻挫など、以下(2)〜(4)以外のもの 10万円
(2)骨折・脱臼、神経損傷(脳、眼、けい髄、せき髄以外の部位)、上肢・下肢の腱・筋・靱帯の断裂 30万円
(3)上肢・下肢の切断、眼球の内出血、または血腫、眼の神経損傷、眼球の破裂 50万円
(4)脳挫傷などの脳損傷、頭蓋内出血または頭蓋内血腫、けい髄損傷、せき髄損傷、胸部・腹部の臓器損傷 100万円
  • 同一事故により被った傷害が上表の複数の項目に該当する場合は、もっとも高い保険金支払額をお支払いします。
おすすめ
上記の保険金支払額が「2倍」となる「傷害一時金倍額払特約」もあります。
  • 治療日数が5日以上の場合の保険金支払額が、一律10万円になる「傷害一時金(1万円・10万円)特約」もあります。また、治療日数が4日以内の場合の保険金支払額が2万円、5日以上の場合が一律20万円となる「傷害一時金(1万円・10万円)倍額払特約」もあります。

複数のご契約があるお客さまへ

傷害一時金特約、傷害一時金倍額払特約、傷害一時金(1万円・10万円)特約、傷害一時金(1万円・10万円)倍額払特約は、自動車事故特約、または交通事故特約をセットしていれば、記名被保険者、またはそのご家族の方が、以下の事故にあわれた場合も補償されます。

  • 1.自動車事故特約をセットしている場合
    歩行中や特約の条件を満たす他人の自動車に乗車中などの自動車事故
  • 2.交通事故特約をセットしている場合
    上の1の自動車事故、および自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合などの自動車事故以外の交通事故

なお、複数のご契約がある場合、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄になることがあります。ご契約にあたっては、補償内容について、ご要望に沿った内容であることを必ずご確認ください。

  • ※1これらの特約は、記名被保険者、またはそのご家族の方が所有する他の自動車に、自動車事故特約、または交通事故特約をセットしないことで、重複部分をなくすことができます。
  • ※2複数あるご契約のうち、自動車事故特約、または交通事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約を解約した時や、ご家族の状況が変化(同居から別居への変化など)した時に、補償がなくなることがあります。ご注意ください。

ご注意  入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約、傷害一時金特約(注)をセットするお客さまへ

  • 自動車事故特約をセットする場合、自動車事故特約の支払対象事故も、入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約、傷害一時金特約(注)のお支払の対象です。
  • 交通事故特約をセットする場合、交通事故特約の支払対象事故も、入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約、傷害一時金特約(注)のお支払の対象です。
  • 犯罪被害事故特約をセットする場合、犯罪被害事故特約の支払対象事故も、傷害一時金特約(注)のお支払の対象です。なお、入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約は、お支払の対象ではありません。
  • (注)傷害一時金倍額払特約、傷害一時金(1万円・10万円)特約、傷害一時金(1万円・10万円)倍額払特約を含みます。

交通事故特約

希望

開く

ご契約のお車に乗車中の事故、他人の自動車に乗車中の事故、歩行中や自転車乗車中などの自動車事故に加え、自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合など、自動車事故以外の交通事故で、被保険者(注1)が死傷した場合に保険金(注2)をお支払いします。

  • (注1)本特約の被保険者の範囲は、人身傷害保険、および自動車事故特約と同じです。ただし、自動車事故以外の交通事故は、記名被保険者、およびそのご家族の方が被保険者です。
  • (注2)人身傷害保険に定める支払保険金の計算方法、および損害額基準に基づいてお支払いします。ただし、自動車事故以外の交通事故の傷害による損害は、人身傷害保険に定める損害額基準のうち、積極損害(治療関係費など)のみお支払の対象です。休業損害、精神的損害はお支払の対象ではありません。
  • 自動車事故特約とあわせてセットすることはできません。

複数のご契約があるお客さまへ

交通事故特約は、1つのご契約のみにセットしていれば、記名被保険者、またはそのご家族の方が、歩行中や特約の条件を満たす他人の自動車に乗車中などの自動車事故、および自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合などの自動車事故以外の交通事故にあわれた場合も補償されます。
なお、複数のご契約がある場合、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄になることがあります。ご契約にあたっては、補償内容について、ご要望に沿った内容であることを必ずご確認ください。

  • ※1この補償は、記名被保険者、またはそのご家族の方が所有する他の自動車に、交通事故特約をセットしないことで、重複部分をなくすことができます。
  • ※2複数あるご契約のうち、交通事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約を解約した時や、ご家族の状況が変化(同居から別居への変化など)した時に、補償がなくなることがあります。ご注意ください。

犯罪被害事故特約

希望

開く

日常生活で犯罪行為(第三者による人の生命・身体を害する意図をもって行われた行為)を受け、記名被保険者やそのご家族の方が死傷した場合に、保険金(注)をお支払いします。

  • (注)人身傷害保険に定める支払保険金の計算方法、および損害額基準に基づいてお支払いします。

複数のご契約があるお客さまへ

犯罪被害事故特約は、1つのご契約のみにセットしていれば、記名被保険者、またはそのご家族の方が、この特約の支払対象事故にあわれた場合も補償されます。
なお、複数のご契約がある場合、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄になることがあります。ご契約にあたっては、補償内容について、ご要望に沿った内容であることを必ずご確認ください。

  • 複数あるご契約のうち、犯罪被害事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約を解約した時や、ご家族の状況が変化(同居から別居への変化など)した時に、補償がなくなることがあります。ご注意ください。
  • このページでいうご家族とは、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・別居の未婚(これまでに婚姻歴がないことをいいます)の子を言います。
  • このページでいう配偶者とは、婚姻の相手方をいい、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方および戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある方を含みます。
  • このページは「タフ・クルマの保険」の概要を説明したものです。ご契約にあたっては、必ず「タフ・クルマの保険パンフレット」、および「重要事項のご説明」をあわせてご覧ください。
    また、詳細は「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意しています。当ホームページでご確認いただくか、もしくは代理店・扱者/仲立人、または当社までご請求ください。
    ご不明な点は、代理店・扱者/仲立人、または当社にお問合わせください。
  • 「タフ・クルマの保険」は、「個人総合自動車保険」のペットネームです。

2018年10月承認 承認番号:GB18A010680