ニュースリリース

「家族Eye(親族連絡先制度)」の登録契約数が5万件を突破

2016年10月28日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)では、2016年1月から提供を開始した損保業界初のサービス「家族Eye(親族連絡先制度)」の登録契約数が、2社合算で5万件(9月30日時点)を突破しました。

本制度は、ご契約者と連絡が取れないなどの緊急時に、あらかじめ登録いただいたご契約者の親族へ連絡し、保険契約に関する重要なご案内等をより確実にお届けするためのものです。高齢化社会に対応した“親と子をつなぐ懸け橋”となるサービスとして、主に高齢のお客さまからご好評をいただいています。

両社は、今後も社会環境の変化を敏感にとらえ、お客さまニーズに応える商品・サービスの開発に努めていきます。


1.登録契約数の推移(サービス開始からの累計値)

image


2.「家族Eye(親族連絡先制度)」の概要

image




以上