ニュースリリース

日系損保初 ロシア・カザフスタンで事業会社(ブローカー)設立

2014年11月4日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:鈴木 久仁、本社:東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号)は、欧州の100%子会社Aioi Nissay Dowa Insurance Company of Europe Limitedが75%出資するToyota Insurance Management Limited(注1)(本社英国、以下TIM)の100%子会社LLC Toyota Insurance Management (Insurance Brokers)(以下TIMロシア)をロシア(モスクワ市)に7月に設立しました。

また、11月中にカザフスタン(アルマティ市)にToyota Insurance Management (Insurance Broker) LLP(以下TIMカザフスタン・予定)を設立します。


当社は、強みであるトヨタ自動車株式会社との関係を活かし、トヨタ車を購入されるお客様へ高品質な「トヨタ保険」を提供するトヨタリテール事業(注2)を中心として海外事業を拡大しており、今回の両国への事業展開もその戦略の一環として進めてきました。

特に欧州では、1990年代よりトヨタリテール事業を展開してきており、この度ロシアおよびカザフスタンにおいても経験を活かしてトヨタリテール事業を推進していくこととしました。TIMロシア、TIMカザフスタンは現地ブローカーライセンスを取得したうえで、トヨタと共同で推進していきます。また、将来的には、両国のリテール保険にかかる各種情報を収集したうえで、ブローカー業等にとどまらず当社が直接保険商品を提供していくことを検討していきます。

ロシアは2013年に年間新車販売台数が277万(注3)を記録し、トヨタ自動車にとっても17万台(注3)販売した欧州最大規模の市場です。またカザフスタンはモータリゼーションが進み、2013年には新車販売市場が対前年78%増加しています。両国ともさらなる成長が期待できる市場であり、当社としてもトヨタリテール事業機会の拡大が見込まれます。

当社は今後も、トヨタリテール事業を中心とした海外事業の拡大を進めていきます。


注1)トヨタ自動車株式会社の金融子会社であるトヨタファイナンシャルサービス株式会社の100%子会社Toyota Financial Services(U.K.)PLCが25%出資する合弁会社

注2)トヨタ自動車株式会社及びその金融子会社であるトヨタファイナンシャルサービス株式会社と連携し、トヨタ車ユーザーの利便性向上を目指した金融・保険一体サービス

注3)Association of European Businesses(AEB)発表数値


以上



image