ニュースリリース

米国現地法人の新事務所開設のお知らせ

2014年7月25日
三井住友海上火災保険株式会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:鈴木 久仁)が100%出資する米州持株会社傘下の「Mitsui Sumitomo Marine Management (U.S.A)」(以下「MSMM社」)および「Aioi Nissay Dowa Insurance Company of America」(以下「ADIA社」)は、2014年10月を目途に、米国南部のテキサス州ダラス市近郊に新たな事務所を開設します。

MS&ADインシュアランス グループは、既に米国全土に7営業拠点と主要な工業・商業地域に4つの損害査定拠点を有していますが、米国の経済成長を牽引する南部地域において、さらなるお客さまサービスの向上を目指すとともに、今後も、海外事業で培ったノウハウを活かし、より一層充実した保険商品・サービスを提供していきます。



1.新設する事務所の概要

(1)名称

  [1]Mitsui Sumitomo Marine Management (U.S.A), Inc.  ダラス事務所(仮称)

  [2]Aioi Nissay Dowa Insurance Company of America  ダラス事務所(仮称)


(2)開設予定日

   2014年10月(予定)


(3)主な業務

   米国南部における米国・日系企業への保険商品・サービスの提供



2.開設の背景と目的

MS&ADインシュアランス グループは海外事業を成長領域の一つと位置づけ、アジア・欧州・米州に設立した持株会社を中心に、地域密着の事業展開を進めています。米国でも1955年にニューヨーク事務所を開設して以来、順調に業容を拡大してきましたが、今後、米国南部において自動車産業やエネルギー関連企業の活況を背景に国内外からの投資の増加が見込まれることから、経済環境の変化に迅速に対応するべく、中核都市であるダラス市近郊に新事務所を開設することとしました。

現在、テキサス州のサンアントニオ市およびダラス市郊外のリチャードソンに保険金支払いの拠点を有していますが、新設するダラス市近郊の事務所は、これらの拠点を統括するとともに、米国南部における事業拡大に向けた戦略的拠点と位置付けています。


3.MSMM社の概要

image


4.ADIA社の概要

image



以上