ニュースリリース

「2012 J-Win ダイバーシティ・アワード」 敢闘賞を受賞

2012年3月15日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:鈴木久仁、本社:東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号)は、3月2日、特定非営利活動法人 ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク(略称:NPO法人 J-Win)が主催する「2012 J-Winダイバーシティ・アワード」において「敢闘賞」を受賞しました。


J-Winダイバーシティ・アワードは、企業におけるダイバーシティ&インクルージョン推進の第一歩として、“女性の採用・能力開発・登用を革新的なアプローチにより、積極的に取り組み、ビジネスにつながる成果を挙げている企業”を顕彰するもので、当社は、損害保険会社として初の受賞となりました。



 当社は、「すべてのお客さまに高品質の商品・サービスをお届けし、一人ひとりのお客さまからの確かな信頼を基に発展する企業」を目指しています。品質・サービスの向上には、女性の活躍推進が不可欠であることを経営トップ自らが継続的に発信し、特に女性社員の登用については、管理職数をこの5年間で4倍とする等、推進を強化してきました。また、今年度は、役員をメンター(業務上接点の少ない立場で、指導的役割を担う人)とした、女性管理職に対するメンター制度の試行実施も開始し、部長・役員の輩出に向けた取り組みもスタートさせています。



同時にMS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社が直接出資する国内保険会社5社による女性活躍推進共同宣言を行い、キャッチフレーズ「自分にチャレンジ!Nice Try」を合言葉として、グループ全体のダイバーシティを推進する体制を構築してきました。

今回の受賞はこれらの取り組み等が評価されたものと考えています。


あいおいニッセイ同和損保は、今後も企業活力や競争力の源泉として多様な価値観を有する会社の実現に向け、女性活躍の推進に積極的に取り組み、ダイバーシティの実現を図ることを目指してまいります。



<関連サイト>特定非営利活動法人