広告・CM情報

あいおいニッセイ同和損保のCM情報をご紹介します。

2021年度「テレマティクス自動車保険」新TV-CM/Web動画

TV-CM『テレマな二人(安全運転)』篇 15秒

TV-CM『テレマな二人(安全運転)』篇 15秒

TV-CM『テレマな二人(安全運転)』篇 30秒

TV-CM『テレマな二人(安全運転)』篇 30秒

TV-CM『テレマな二人』篇 60秒

TV-CM『テレマな二人』篇 60秒

TV-CM『テレマな二人(事故対応)』篇 15秒

TV-CM『テレマな二人(事故対応)』篇 15秒

TV-CM『テレマな二人(事故対応)』篇 30秒

TV-CM『テレマな二人(事故対応)』篇 30秒

Web動画『CSV×DX』

Web動画『CSV×DX』

1.コンセプト

最先端のテレマティクス技術で安全運転を支援するとともに、万が一のときは高度な事故対応サービスでサポートする「タフ・見守るクルマの保険プラス」および「タフ・つながるクルマの保険」の魅力や特長を、プレゼンターである岡田准一さんが伝え、西畑大吾さんが一般のドライバー目線でその語りに耳を傾けます。

2.内容

"テレマ"がどのようなメリットをもたらす技術かを真摯な表情で解説する岡田さんと、説得力抜群のプレゼンを絶妙なリアクションで受け止める西畑さんの、絶妙にリズミカルなかけあいにご期待ください。

3.撮影時のエピソード

"テレマ"の魅力を語る岡田さんのプレゼンに西畑さんが「おお〜!」とリアクションするシーンでは、俳優としても先輩である岡田さんが熱心に指導する姿が見られました。全力で「おお〜!」演技する西畑さんに対し、岡田さんは「もっと可愛くできるだろ」とアドバイス。「いい感じだ!でも、まだできるだろ?」「まだ出せます!『おお〜!』」「大丈夫、可愛かったよ(笑)」「ありがとうございます!」と、仲のいい"コント"のようなやりとりは休憩中も続き、スタジオの空気をホッコリと和ませていました。

2020年度「テレマティクス自動車保険」TV-CM/Web動画

TV-CM『テレマティクス技術』篇 15秒

TV-CM『テレマティクス技術』篇 15秒

TV-CM『事故対応』篇 15秒

TV-CM『事故対応』篇 15秒

TV-CM『テレマティクス技術+ 事故対応』篇 30秒

TV-CM『テレマティクス技術+ 事故対応』篇 30秒

Web動画『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型・S)』

Web動画『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型・S)』

Web動画『タフ・つながるクルマの保険』

Web動画『タフ・つながるクルマの保険』

1.コンセプト

「安全運転を進化させる保険」をテーマに、お客さまの安全運転を支援するとともに、さまざまなサービスを提供する商品「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)」に加えて、新サービスが加わった「タフ・見守るクルマの保険プラスS」をプレゼンテーションしています。

2.内容

シックなスーツに身を包んだ岡田 准一さんが、プレゼンター役として登場。最先端の技術を用いて安全運転をサポートするテレマティクス自動車保険や、当社ならではの24時間365日、AIを活用した最先端の事故対応について紹介しています。

3.撮影時のエピソード

今回の撮影は、劇場の舞台にセットを組み、実物の車を運び込んでの撮影となりました。TVドラマや映画ではお馴染みの岡田さんですが、舞台経験はあまり多くないということで、貴重な「舞台俳優」の岡田さんが活躍する撮影現場となりました。

「タフ・見守るクルマの保険プラス」TV-CM

『ストリート』篇 15秒

『ストリート』篇 15秒

『ストリート』篇 30秒

『ストリート』篇 30秒

『ストリート』篇 60秒

『ストリート』篇 30秒

1.コンセプト

TV-CM「ストリート」篇は、クルマから降りたスーツ姿の岡田さんが歩きながらクルマの安全技術の進化について語り、「安全運転を進化させる保険。」をテーマに「楽しむ」「見守る」「得する」をコンセプトとしてお客さまの安全運転を支援するとともに、さまざまなサービスを提供する「タフ・見守るクルマの保険プラス」をプレゼンテーションしています。
TV-CM第1弾「プレゼンテーション」篇(タフ・つながるクルマの保険)の背景が近未来をイメージさせるCGであったのに対し、今回は現実的な街の中を岡田さんが歩くことで、「タフ・見守るクルマの保険プラス」が身近な商品であることを表現しました。

2.内容

ドライブしながら日々進化しているクルマの安全技術について語り始めた岡田准一さんは、クルマを降りて歩き出すと、安全運転の進化について問いかけます。人間の進化を示すイラストポスターになぞらえ、すべてのドライバーの安全運転を進化させる必要性についてプレゼンテーションを続ける岡田さんは、最先端のテレマティクス技術を用いてドライバーの運転を見守り、アドバイスを送ることで安全運転に磨きをかけていく新しいスタイルの自動車保険「タフ・見守るクルマの保険プラス」の特長を訴求していきます。

3.撮影時のエピソード

前作同様、ビシッとスーツに身を包んで颯爽と登場された岡田准一さん。次々に現れるギミックとセリフのタイミングが秒単位で設計されている本作。そのタイミングを合わせることがとても難しい撮影でしたが、監督からの説明をすぐに理解され、タイミングも完璧に演じていただき、スタッフからも感嘆の声が上がりました。TV-CMの狙いである商品の良さについて、親しみをもってプレゼンテーションする岡田准一さんの演技を是非楽しんでいただけたらと思います。

「タフ・つながるクルマの保険」 TV-CM

『プレゼンテーション』篇 15秒

『プレゼンテーション』篇 15秒

『プレゼンテーション』篇 30秒

『プレゼンテーション』篇 30秒

『プレゼンテーション』篇 60秒

『プレゼンテーション』篇 60秒

CMメイキング

CMメイキング

1.コンセプト

当社は“国内初”最新のテレマティクス技術を活用し、安全運転スコアに応じて保険料が割り引かれる仕組みを取り入れた全く新しい保険『タフ・つながるクルマの保険』を2018年4月に発売しました。「事故のあとの保険から 事故を起こさない保険へ」自動車事故の無い世界を創りたい、そんな想いからこの商品は開発されています。
今回、イメージキャラクターに岡田准一さんを起用し、開発にあたっての当社の想いと、テレマティクス技術を活用した「安全運転のインセンティブ(割引)」、すべてのドライバーに役立つ「安全・安心のサービス」を提供する商品を通して、「安全・安心なクルマ社会」の実現に貢献していくことをプレゼンテーション形式で表現しました。

2.内容

CMの舞台は、無数のクルマが走り抜けるスタイリッシュな抽象空間。そこへ、シックなスーツ姿の岡田准一さんが登場し、『タフ・つながるクルマの保険』に関するプレゼンテーションを行います。実際に運転中の女性ドライバーを例に、テレマティクス技術で安全運転をアドバイスする様子が背景に映し出され、「92点」という好スコアが表示されると、「ナイスドライブ!」と画面の女性に優しく声をかける岡田さん。もしもの事故が起こった場合も迅速にお客さまをサポートする様子が描かれています。岡田さんが運転者を見守る様子に加えて、真摯な語り口で熱のこもったプレゼンテーションを行うシーンを通じて、「事故のあとの保険から 事故を起こさない保険へ」というコンセプトのもとに開発された、お客さまのカーライフを24時間365日見守り、スコアに応じて保険料を割り引く自動車保険『タフ・つながるクルマの保険』の特長を印象的に訴求していきます。

3.撮影時のエピソード

撮影は都内にて、1日かけて行われました。
今回CGを駆使したCMに仕上がっておりますが、スタジオにも実際のクルマや、大きなスクリーン、その他のセットが立ち並ぶ中で、大変多くのスタッフが撮影に携わりました。
今回CMキャラクターを務めて頂いた岡田准一さんも、その大きなセットに驚きながらも、とても真剣な表情でCMキャラクターを演じて頂きました。また、撮影の合間に時折見せる、朗らかな笑顔もとても印象的でした。

関連情報

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスの広告・CM