広告・CM情報

あいおいニッセイ同和損保、およびMS&ADインシュアランス グループの広告や、CM情報をご紹介します。

「保険の原点篇」のCM

1.コンセプト

当社が企業メッセージとして掲げる「全力サポート宣言」、また常に「新しい安心」をつくり続けていくという独自性と先進性、その根幹にある企業としての想いを伝えるために、このCMを制作しました。保険とは、「誰かが困ったときには助け合う」という、すべてのお客さまの真摯で切実な想いを受け取ってできている仕組みです。その原点を大切に、社員一人ひとりがお客さまの不安に寄り添い、全力で相談、交渉、解決する当社の姿勢を表現しました。

2.内容

誰もいない草原で、事故を起こし途方にくれる男性。その瞬間に世界中のあちこちで人々が振り返り、その男性を助けに向かいます。みんなに励まされ安心した表情を見せる男性。保険の原点である「誰かが困ったときにはみんなの力を集めて助け合う」という仕組みと想いを、エンターテイメント性をもって可視化したストーリーです。CMの後半では、夜間も休日も、お客さまの不安に寄り添い、当社ならではの「24時間365日事故対応」の取り組みを映像で表現しています。

3.撮影時のエピソード
  • (1)世界中の人々、という設定を撮影するために、広大な草原から畑、おしゃれなカフェや近代的なビルのある都会まで、変化に富んだ場所が近郊に集まっていて、多様な国の方々がキャスティングできる、ニュージーランドのオークランドをロケ地に選びました。
  • (2)ニュージーランドでは海外スタッフにも入ってもらい、監督をはじめとする日本側スタッフとともに制作を進めました。
    企画の意図を理解した現地のキャスティングやスタイリング、美術、助監督などの担当者からの提案も素晴らしく、現場はスムーズに進行。帰国後もニュージーランド側のスタッフの複数から、「素晴らしい撮影だった」「仕上がりを楽しみにしている」と、連絡がくるなど、国を越えて一体となった現場になりました。

「保険の原点篇」 60秒

「保険の原点篇」 60秒

「保険の原点篇」 30秒

「保険の原点篇」 30秒

「ワンデーサポーター」のCM

1日単位で入れる自動車保険「ワンデーサポーター」のCMです。全国約250の自動車教習所のロビーに設置された専用ビジョンや、京王井の頭線の車内ビジョンで放映されました。

男の子のキャラクター2人が掛け合う、テンポのいいアニメーションです。男の子の声は、お笑い芸人の「湘南デストラーデ」が担当しています。なお「スマホ篇」は、スマホばかり見ている方への呼びかけをイメージしました。

「スマホ篇」 15秒

「スマホ篇」 15秒

「3回言ってみ篇」 15秒

「3回言ってみ篇」 15秒

「CM篇」 15秒

「CM篇」 15秒

MS&ADインシュアランス グループのテレビCM

「MS&ADはここにいます篇」 60秒

「MS&ADはここにいます篇」 90秒

MS&ADインシュアランス グループは、『皆さまに安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えること』をミッションとしています。
このミッション実現のため、5つのグループ保険会社それぞれが、さまざまな場面で、さまざまな形で、人と社会を支える役割を担っています。その活動の拡がりと活動に対する思いを、「MS&ADはここにいます。」というコピーとともに表現していきます。

「MS&ADインシュアランス グループ」というグループの名前や活動はまだまだ知られていませんが、実は日本のいたるところで、世界のさまざまな場所で、保険商品やサービスなどをご提供しています。幅広い事業領域で今日を支え明日を想う、MS&ADインシュアランス グループの真の姿を知ってほしい。その思いをテレビCMにしました。

  • クリエイティブディレクター、コピーライター、CMプランナー
    山本高史
  • コピーライター、CMプランナー
    阿部希葉
  • 企画、制作
    電通、太陽企画