ダイバーシティ推進の取り組み

人権啓発に関する取り組み

ダイバーシティ推進の前提となるのは、差別・ハラスメントの無い、人権が尊重された職場環境です。

当社では、多くの研修等の機会を通じて社員の人権啓発に努めております。

全職場・社員研修

教材(DVDや資料)を活用し、職場単位で論議

ニュース発行

人権関連情報を毎月発信

階層別研修

  • (1)新入社員
  • (2)ライン長
  • (3)新任部支店長・ライン長(PC研修・PIP‐Maker)

人権標語募集

  • 「人権週間」の行事として開催
  • 優秀作品表彰

LGBTQに関する取り組み

誰もが安心して活躍できる会社・社会づくりを目指して、当社ではLGBTQ※1の理解促進に向けたさまざまな取り組みを行っています。2017年には同性パートナーについても、結婚・育児・介護関連等諸制度の適用を可能にしました。また、MS&ADインシュアランスグループの人権基本方針にも性的志向や性自認等による差別を禁止することを定めています。社内の環境整備としては、2017年に社内SNSを活用したLGBTポータルサイト「ALLY(アライ)※2」の立ち上げ、当社主要ビル14か所の障がい者用のトイレの名称を「誰でもトイレ」とする等取り組みを行い、2020年には、社員の理解度向上に向け「LGBT支援・理解促進ハンドブック」の発行と職場単位の配布を行いました。2021年6月には「レインボー月間」と称し、社内SNSのLGBTポータルサイト「ALLY(アライ)」を活用し、LGBTQ支援・理解促進の情報交流を目的とした1カ月間の集中取組を実施しました。また、MS&ADグループの共同取組として「MS&ADグループ共催 LGBTオープンセミナー」の開催やLGBTQの支援を行う任意団体に協賛し、各種活動に参画しています。work with Prideが策定した「PRIDE指標2021」において、最高位の「ゴールド」を2018年度に続き2度目の受賞をしました。

  • ※1L:レズビアン(同性を好きになる女性)、G:ゲイ(同性を好きになる男性)、B:バイセクシャル(両性を好きになる方)、T:トランスジェンダー(生物学的・身体的な性、出生時の戸籍上の性と性自認が一致しない方)、Q:クエスチョニング(心の性や好きになる性がはっきりしない、どちらかに決められない、決めたくない方)
  • ※2LGBTQ等の性的マイノリティを理解し、支援するという考え方、あるいはそうした立場を明確にしている人々を指す言葉
当社 LGBT ALLY ロゴ

当社 LGBT ALLY ロゴ

「レインボー月間」イントラサイトイメージ

「レインボー月間」イントラサイトイメージ

グローバル人財の活躍

海外研修制度、海外・国内留職プログラム

国際的視野、多様な価値観を持った人財の育成を目的として2011年度から当社の海外子会社・関連会社等で1年間にわたり実践的な業務に携わる海外研修制度(公募制)を設け、2020年度はイギリス、オーストラリア、中国に社員を派遣予定です。2017年度からは短期の海外研修制度を設けており、2020年度からは国内外で新規事業に取り組む新たなプログラム(ともに公募制)を追加するなどチャレンジできるメニューの拡充を進めています。

外国籍社員の活躍

さまざまな国籍の社員の活躍で多様な視野・知見の融合によるイノベーションが起こり、企業の発展に寄与することから外国籍社員を受入れ、活躍を推進しています。

シニアの活躍

シニア層の社員がチャレンジ意欲をもって活躍し続けるために、研修や環境変化に応じた制度の拡充を行っています。シニア層に向けた研修としては、54歳の社員を対象に、自身のキャリアを活かし、今後の働き方・生き方を考えるための「キャリア&ライフプランニング研修」を実施しています。また、57歳の社員を対象に、会社人生を振り返り、自身に期待される役割を理解したうえでキャリアビジョンを実現するための「キャリア&ライフデザイン研修」を実施しています。加えて、定年を迎える社員には、定年後のライフプランをより明確にするため、再雇用制度を含め、退職金や年金などの各種制度を説明する機会を設けています。さらに、2020年から導入した自分の目指す姿について上司と話し合う「キャリア対話」を通して、将来どんな生き方をしたいか、自己実現・自己成長をどうなし得ていくかを考える機会としています。
定年後の再雇用制度としては、働きがいが実感できるよう役割に応じた処遇体系とし、手上げによる本拠地以外への転勤、災害支援等として所属以外の職場へ一定期間赴任するなど、活躍の場を広げることができる制度を導入しています。また、ライフスタイルにあわせて週5日勤務以外にも週2〜4日の勤務形態を選択することができます。シニア層の社員が自身の培ってきた豊かな経験や知識を後輩に伝授し、誇りややりがいをもって働き続けることが「多様な人財が総活躍する」風土作りにつながると考えています。