LEXUS レクサスオーナーズ自動車保険プラン
Lexus Owners Automobile Policy Plan
 引受保険会社 あいおいニッセイ同和損保
はじめに トータルケア 安心のネットワーク G-Link連動自動車保険 おすすめプラン 補償プログラム 条件設定等 払込方法 ご説明
基本補償プログラム
■事故により、相手の方を死傷させたり、相手のものを壊してしまった場合に補償いたします。
対人賠償責任保険

ご契約のお車の自動車事故により、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、自賠責保険等★9で支払われるべき額を超える部分に対して、保険金額(ご契約金額)★10を限度に保険金をお支払いいたします。

対人臨時費用特約

ご契約のお車の自動車事故により、他人を死亡させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、弔問・葬儀参列の際の弔慰金等の臨時費用の支出に備えて保険金をお支払いいたします。

お支払いする保険金
被害者1名につき20万円をお支払いいたします。

対歩行者等傷害特約

ご契約のお車の自動車事故により、歩行中や自転車(原動機付自転車を除きます)乗車中の方を死亡させたか、ケガにより入院させた場合に、対人賠償責任保険で補償されない相手の方の過失部分を含んだ損害の額★11を保険金額を限度に補償いたします。

お支払いする保険金
保険金額を限度に人身傷害保険の損害額基準で算出した損害の額から自賠責保険等や対人賠償責任保険等の保険金または共済金を除いた額をお支払いいたします。
※保険金額は、被害者1名につき、対人賠償責任保険と同額になります。

対物賠償責任保険

ご契約のお車の自動車事故により、他人の財物を損壊させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。なお、対物賠償責任保険では免責金額★12を設定していただきます。

対物超過修理費用特約

ご契約のお車の対物事故★13による相手自動車の実際の修理費が、相手自動車の時価額★14を上回った場合に、修理費と時価額の差額に責任割合★15を乗じた額をお支払いいたします。

お支払いする保険金
1事故1台につき50万円を限度にお支払いいたします。

不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約

不正アクセス(ハッキング等)やご契約のお車の欠陥等を原因とする、お客さまに法律上の損害賠償責任がない事故が発生した 場合に、被害者を救済するための費用を保険金額★16を限度に補償いたします。

■自動車事故によりご自身・ご家族・乗車中の方が死傷された場合に補償いたします。
人身傷害保険(自動車事故特約セット)

下記(1)〜(3)の自動車事故により、被保険者が死傷した場合に、お客さまの損害の額※1に基づいて保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。なお、労働者災害補償制度から給付がある場合は、その給付額を差し引いてお支払いいたします。

※1
「お客さまの損害の額」(治療関係費★17、休業損害、精神的損害、逸失利益★18等)の認定は、普通保険約款に定める損害額基準(人身傷害条項損害額基準)に従いあいおいニッセイ同和損害保険(株)で行いますので、相手の方の賠償基準と異なる場合があります。
(注1) 賠償資力が十分でない無保険車との事故により、死亡または後遺障害を被った場合、一律2億円(人身傷害保険の保険金額が無制限の場合は、無制限)を限度に補償いたします。
(注2) ケガの治療を受ける場合には、健康保険等の公的制度をご利用ください。

被保険者と補償の対象となる事故


(注) 自動車事故特約をセットしない場合は、上記(2)(3)の事故は対象となりません。

※2 ご契約のお車の自動車事故により死傷し、かつ、自動車損害賠償保障法(以下、自賠法といいます)第3条に基づく損害賠償請求権が発生しない場合に、自賠法第2条第3項に定める保有者・自賠法第2条第4項に定める運転者も補償の対象となります。
※3 自動車事故特約をセットした場合、記名被保険者およびそのご家族の方が自ら運転者として運転中の他人の自動車に乗車中の方(ただし、記名被保険者およびそのご家族の方の使用者の業務(家事を除きます)のために運転中の、その使用者の所有自動車に乗車中の方を除きます)も補償の対象になります。
※4 「他人の自動車」には次の①〜④に該当する方が所有または常時使用する自動車は含まれません。
①:記名被保険者 ②:①の配偶者(内縁を含みます) ③:①または②の同居の親族 ④:①または②の別居の未婚(これまでに婚姻歴がないことをいいます)の子
ただし、④の方が所有または常時使用する自動車は、④の方が自ら運転者として運転中の場合に限り、「他人の自動車」に含まれません。
※5 他人の自動車を運転中の事故について他車運転特約でお支払いできる場合は、自動車事故特約による人身傷害保険金については重ねてお支払いいたしません。

保険金額の設定
人身傷害保険の保険金額は、お車に乗車される方の年令、収入、扶養家族の有無等に基づいて、十分な補償が得られるように設定されることをおすすめいたします。
(注1) お客さまの損害の額を相手の方の賠償に先行してお支払いするために、「相手の方の有無」・「過失の有無」にかかわらず、事故の際はただちに取扱代理店またはあいおいニッセイ同和損害保険(株)へご連絡くださいますようお願いいたします。
(注2) あいおいニッセイ同和損害保険(株)が保険金をお支払いしたときは、あいおいニッセイ同和損害保険(株)は次の①または②のうちいずれか少ない額を限度としてお客さまが取得する債権を取得いたします。
①あいおいニッセイ同和損害保険(株)が支払った保険金の額 
②お客さまが取得する債権の額(①の額が損害の額※に不足する場合は、債権額から不足額を差し引いた額)
※訴訟等で人身傷害条項損害額基準と異なる基準で算出された場合はその額


複数のご契約があるお客さまへ

傷害一時金高額特約ウェルキャブ車提供特約人身傷害サポート費用特約は、自動車事故特約または交通事故特約をセットしていれば、記名被保険者またはそのご家族の方が、下記の事故にあわれた場合も補償されます。
(1) 自動車事故特約をセットしている場合:歩行中や特約の条件を満たす他人の自動車に乗車中等の自動車事故
(2) 交通事故特約をセットしている場合:「上記(1)の自動車事故」および「自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合等の自動車事故以外の交通事故」
この場合、複数のご契約があるときは、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄となることがありますので、ご契約に際してはご確認ください。
自動車事故特約は、1つのご契約のみにセットしていれば、記名被保険者またはそのご家族の方が「歩行中や特約の条件を満たす他人の自動車に乗車中等の自動車事故」にあわれた場合も補償されます。この場合、複数のご契約があるときは、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄となることがありますので、ご契約に際してはご確認ください。
(注1) これらの補償については、記名被保険者またはそのご家族の方が所有する他の自動車に、自動車事故特約または交通事故特約をセットしないことで、重複部分をなくすことができます。
(注2) なお、複数あるご契約のうち、自動車事故特約または交通事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約が解約となったときや、ご家族の状況変化(同居から別居への変化等)があったときに、補償が消滅することがありますのでご注意ください。


人身傷害サポート費用特約

人身傷害対象事故に伴い、事故後の生活を支えるために必要な次の(1)〜(3)の保険金をお支払いいたします。

お支払いする保険金
(1)入院時諸費用保険金
被保険者※1が傷害を被り入院した場合に、次の費用をお支払いいたします。
保険金の種類 お支払限度額
①ホームヘルパー雇入費用 1日あたり2万円 被保険者※11名につき遠隔地家族臨時交通費用
保険金と合計して200万円限度
②介護ヘルパー雇入費用 1日あたり2万円
③ベビーシッター雇入費用 ③・④を合計して1日あたり2万円
④保育施設預け入れ費用
⑤ペットシッター雇入費用 ⑤・⑥を合計して1日あたり2万円
⑥ペット専用施設預け入れ費用
⑦差額ベッド費用 1日あたり2万円
⑧転院移送費用 1事故につき転院1回分かつ100万円
(注)ペットは、犬または猫に限ります。

(2)遠隔地家族臨時交通費用保険金
被保険者※1が死亡または入院した場合に、次の費用をお支払いいたします。
保険金の種類 お支払限度額
遠隔地家族臨時交通費
葬儀参列または看護等のために、遠隔地家族※2が、その居住地から現地へ赴くために利用する鉄道、船舶、航空機等の費用から遠隔地家族※21名に対し免責金額1万円を差し引いた金額
1事故につき遠隔地家族※21名に対し10万円(2名分限度)
被保険者※11名につき入院時諸費用保険金と合計して200万円限度

(3)介護支援費用保険金
被保険者※1が重度後遺障害を被り、次の①および②に該当する場合、人身傷害保険に定める損害額基準で算出した将来の介護料と同額を人身傷害保険とは別にお支払いいたします。
人身傷害保険金が支払われること
人身傷害保険に定める損害額基準で算出した将来の介護料が損害の額に含まれること

人身傷害入院時頼れるサポート
本特約の支払対象事故により被保険者が入院し、家事・介護・育児の代行の必要が生じた場合に、ご希望によりホームヘルパー・介護ヘルパー・ベビーシッターを派遣する業者をご紹介いたします。
(注)一部離島や年末年始等、地域や時期によっては、ご紹介できない場合があります。

※1 本特約における被保険者の範囲は人身傷害保険と同じです。人身傷害保険に「自動車事故特約」または「交通事故特約」がセットされている場合は、人身傷害保険およびその特約の被保険者と同じです。
※2 「遠隔地家族」とは、被保険者の配偶者(内縁を含みます)・子・父母をいいます。


人身傷害自立支援費用特約

人身傷害対象事故の直接の結果として、被保険者※1が特約に定める後遺障害を被った場合に、自立して社会経済活動へ参加するために必要な次の費用を補償いたします。
※1 本特約における被保険者の範囲は人身傷害保険と同じです。人身傷害保険に「自動車事故特約」または「交通事故特約」がセットされている場合は、人身傷害保険およびその特約の被保険者と同じです。

お支払いする保険金
リハビリテーション訓練等※2の費用
支払対象期間★19中の訓練期間1か月につき定額5万円
※2 後遺障害により事故前の仕事が続けられなくなり、新たな仕事に就くために受講した職業訓練や資格取得講習等
福祉機器※3等の取得費用
支払対象期間中に取得した福祉機器等の実額(1事故、被保険者1名につき300万円限度※4
※3   福祉車両、電動車いす、障がい者用パソコン等
※4   G-Link連動自動車保険の場合、人身傷害福祉機器等取得費用限度額引上げ特約が自動的にセットされ福祉機器等の購入費用がお支払いの対象となる場合の保険金支払額は500万円が限度となります。

〈自立支援サービス〉
人身傷害保険の被保険者が後遺障害(7級以上)を被った場合に、ご希望により社会福祉士(ソーシャルワーカー)をご紹介し、自立を支援するための各種情報提供やアドバイスをさせていただきます。


交通事故特約

「ご契約のお車に乗車中の事故」「他人の自動車に乗車中の事故」「歩行中・自転車乗車中などの自動車事故」に加え、「自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合等、自動車事故以外の交通事故」で、被保険者が死傷した場合に保険金をお支払いいたします。
本特約における被保険者の範囲は人身傷害保険および自動車事故特約と同じです。ただし、「自動車事故以外の交通事故」については、記名被保険者およびそのご家族の方が被保険者となります。

お支払いする保険金
人身傷害保険に定める支払保険金の計算方法および損害額基準に基づいてお支払いいたします。ただし、「自動車事故以外の交通事故」の傷害による損害については、人身傷害保険に定める損害額基準のうち積極損害(治療関係費等)のみお支払いの対象となり、「休業損害」「精神的損害」はお支払いの対象となりません。


複数のご契約があるお客さまへ

交通事故特約は、1つのご契約のみにセットしていれば、記名被保険者またはそのご家族の方が「歩行中や他人の自動車に乗車中等の自動車事故」および「自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合等の自動車事故以外の交通事故」にあわれた場合も補償されます。この場合、複数のご契約があるときは、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄となることがありますので、ご契約に際してはご確認ください。
(注1) この補償については、記名被保険者またはそのご家族の方が所有する他の自動車に、交通事故特約をセットしないことで、重複部分をなくすことができます。
(注2) なお、複数あるご契約のうち、交通事故特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約が解約となったときや、ご家族の状況変化(同居から別居への変化等)があったときに、補償が消滅することがありますのでご注意ください


犯罪被害事故特約

日常生活において犯罪行為(第三者による人の生命・身体を害する意図をもって行われた行為)を受け、記名被保険者やそのご家族の方が死傷された場合に、保険金をお支払いいたします。

お支払いする保険金
人身傷害保険に定める支払保険金の計算方法および損害額基準に基づいてお支払いいたします。


複数のご契約があるお客さまへ


■事故によりご契約のお車が壊れた場合に補償いたします。
車両保険

ご契約のお車が衝突、接触等の事故によって損害を被った場合に、車両保険金額(ご契約金額)を限度に保険金をお支払いいたします(一般補償の場合)。

〈損害の主な原因〉
電柱・建物等自動車以外の他物との衝突・接触やあて逃げおよび転覆・墜落による損害
他の自動車やバイクとの衝突・接触による損害
火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮・窓ガラス破損・いたずら等による損害
(注1) 地震・噴火・津波による損害には、保険金をお支払いできません。ただし、地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約をセットいただくことで地震等保険金をお支払いいたします。この特約により、ご契約のお車が地震・噴火・津波により「全損」(特約で定める基準によります)となった場合に、定額で50万円(車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額とします)をお支払いいたします。
(注2)
一般補償以外の車両保険のご契約タイプについては取扱代理店またはあいおいニッセイ同和損害保険(株)までお問合わせください。
(注3) 故障による損害(バッテリー上がりを含みます)やタイヤ(チューブを含みます)のみの損害(火災・盗難による損害を除きます)は保険金をお支払いできませんのでご注意ください。

車両価額協定保険特約が自動的にセットされます(リースカー車両費用特約をセットしている場合を除きます)。
ご契約時における「ご契約のお車の市場販売価格相当額★20」を価額として協定し、車両保険金額を定めることで、保険期間中の経年減価にかかわらず、協定した価額を限度に保険金をお支払いいたします。
(注) 協定保険価額がご契約のお車の実際の市場販売価格相当額を著しく超えるときは、そのお車の市場販売価格相当額を限度に保険金をお支払いいたします。

全損時諸費用特約

ご契約のお車が車両事故により全損となった場合や、ご契約のお車が盗難され、発見されなかった場合で、車両保険の保険金が支払われるときに、保険金をお支払いいたします(レクサス車提供特約による諸費用等保険金をお支払いする場合または代替時登録諸費用特約から代替自動車取得時諸費用保険金をお支払いする場合を除きます)。

お支払いする保険金
車両保険金額の10%(下限10万円、上限20万円)をお支払いいたします。

■事故等に伴って支出された費用を補償いたします。
弁護士費用等特約

被保険者が自動車事故によって、身体や財物に被害を被り、相手の方に損害賠償請求を行う場合、または自動車事故によって、被保険者に法律上の賠償責任がないにもかかわらず、損害賠償請求された場合における次の費用について、保険金をお支払いいたします。

お支払いする保険金
○弁護士費用等(300万円限度)  ○法律相談費用(10万円限度)

弁護士費用等の実費が300万円以内の場合であっても、特約に定める各費用(着手金・報酬金等)の支払限度額を超える金額については、自己負担となります。
(注) 弁護士等に委任する場合は、あいおいニッセイ同和損害保険(株)の事前承認が必要ですので、あらかじめあいおいニッセイ同和損害保険(株)へご連絡ください。


複数のご契約があるお客さまへ

弁護士費用等特約は、1つのご契約のみにセットしていれば、記名被保険者またはそのご家族の方が歩行中の自動車事故やご契約のお車以外の自動車に乗車中の事故にあわれた場合等も補償されます。この場合、複数のご契約があるときは、他のご契約によって補償することも可能なため、重複部分の保険料が無駄となることがあります。ただし、特約をセットしないご契約のお車を「友人・知人等」が運転する場合、「友人・知人等」は補償されませんのでご注意ください。
(注) なお、複数あるご契約のうち、弁護士費用等特約を1つのご契約のみにセットしている場合は、そのご契約が解約となったときや、ご家族の状況変化(同居から別居への変化等)があったときに、補償が消滅することがありますのでご注意ください。


■もらい事故をサポートいたします。
車両保険無過失事故特約

次の(1)から(3)のいずれかの条件に該当する場合に、次契約の等級・事故有係数適用期間の決定においてノーカウント事故★21として取り扱い、車両保険金をお支払いいたします。

(1) ご契約のお車と相手自動車との衝突・接触事故で、ご契約のお車を使用または管理していた方に過失がなかったことが確定した場合
(2) ご契約のお車を使用または管理していた方の過失が確定していない場合でも、次の(a)から(d)のいずれかの事故に該当し、かつ、客観的事実に照らして過失がなかったことが認められる場合
(a) ご契約のお車が追突された事故 (b) 相手自動車のセンターラインオーバーによる事故
(c) 相手自動車の赤信号無視による事故 (d) ご契約のお車が駐停車中に衝突・接触された事故
(3) 不正アクセス(ハッキング等)やご契約のお車の欠陥等に起因して、他物との衝突・接触事故やご契約のお車の転覆・墜落事故が発生し、ご契約のお車の所有者および運転者に過失がなかったことが確定した場合または判例等に照らして認められる場合
※「相手自動車(所有者がご契約のお車の所有者と異なる自動車)」と「その運転者または所有者」が確認できる場合に限ります。
(注)本特約の対象となる事故であっても、レクサス車提供特約に該当する保険金のお支払いがある場合は、3等級ダウン事故として取り扱います。

■他人の自動車を運転中の事故を補償いたします。
他車運転特約

記名被保険者またはそのご家族の方が、自家用8車種★22で特約の条件を満たす他人の自動車を臨時に借用して運転中(駐車または停車中を除きます)の事故について、他人の自動車をご契約のお車とみなして、ご契約のお車の契約条件に従い保険金(対人・対物・人身傷害・車両)をお支払いいたします。
保険金お支払いの対象となる補償の詳細については補償の詳細3をご参照ください。
〈用語のご説明〉
★9 自賠責保険等 自動車損害賠償保障法ですべての自動車やバイクに加入が義務付けられている強制保険(責任保険または責任共済)をいいます。自動車・バイクの運行による対人賠償事故の損害が保険金支払対象になります。保険金支払限度額は死亡3,000万円、後遺障害4,000万円、傷害120万円となります。
★10 保険金額(ご契約金額) 保険金をお支払いする事故が発生した場合に、保険会社がお支払いする保険金の限度額(補償限度額)をいいます。
★11 損害の額 対歩行者等傷害特約でいう損害の額は、普通保険約款に記載された人身傷害条項損害額基準に従いあいおいニッセイ同和損害保険(株)で算出しますので、対人賠償責任保険の損害賠償の額と異なる場合があります(この場合、対歩行者等傷害特約からのお支払額がないことや、相手の方の過失部分の額より増減することがあります)。なお、算出に際しては、すべて公的制度(健康保険・労働者災害補償制度等)を利用したものとして算出します。例えば、治療費等について公的制度を利用しなかった場合であっても、公的制度を利用したものとみなします。
★12 免責金額 支払保険金の計算にあたって損害の額から差し引く金額であって、保険証券・保険契約継続証に記載された免責金額をいいます。免責金額は被保険者の自己負担となります。
★13 対物事故 対物賠償責任保険の保険金がお支払いの対象となる事故をいいます。
★14 相手自動車の時価額 損害が発生した時および場所における相手自動車と同一の用途車種・車名・型式・仕様・年式で同等の損耗度の自動車の市場販売価格相当額をいいます。
★15 責任割合 交通事故が起きた原因について双方の責任の割合を数値化したものをいいます。
★16 保険金額 被害者1名につき対人賠償責任保険と同額、1回の物損事故につき対物賠償責任保険と同額になります。
★17 治療関係費

(1)応急手当費(2)護送費(3)診療費および施術料(4)通院費・転院費・退院費(5)看護料(6)入院中の諸雑費(7)義肢等の費用(8)診断書等の費用をいいます。

★18 逸失利益 交通事故等で死亡したり、後遺障害を被らなければ、これから先当然得られたであろうとされる利益のことをいいます。
★19 支払対象期間 後遺障害の症状が固定した月を含め36か月以内、かつ、最初に取り組んだリハビリテーション訓練等を開始した月または最初に福祉機器等を取得した月を含め24か月以内の期間をいいます。
★20 市場販売価格相当額 ご契約のお車と同一の用途車種・車名・型式・仕様・年式で同等の損耗度の自動車の市場販売価格相当額のことで、あいおいニッセイ同和損害保険(株)が別に定める「自動車保険車両標準価格表」などに記載された価格またはあいおいニッセイ同和損害保険(株)が別に定める方法に従ってその他の客観的資料により算出した価格をいいます。
★21 ノーカウント事故 この保険契約の次契約に適用する等級・事故有係数適用期間の決定にあたり、あいおいニッセイ同和損害保険(株)が事故件数として数えない取扱いとしている事故をいいます。
★22 自家用8車種 次の8車種をいいます。
(1) 自家用普通乗用車 (2) 自家用小型乗用車
(3) 自家用軽四輪乗用車 (4) 自家用小型貨物車
(5) 自家用軽四輪貨物車 (6) 自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン以下)
(7) 自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン超2トン以下)
(8) 特種用途自動車(キャンピング車)
ページトップ
(C) Aioi Nissay Dowa Insurance Co., Ltd.(2018年3月承認)GB17A010917