LEXUS レクサスオーナーズ自動車保険プラン
Lexus Owners Automobile Policy Plan
 引受保険会社 あいおいニッセイ同和損保
はじめに トータルケア 安心のネットワーク G-Link連動自動車保険 おすすめプラン 補償プログラム 条件設定等 払込方法 ご説明
補償内容の詳細

個人総合自動車保険の普通保険約款・主な特約の「保険金をお支払いする主な場合」および「保険金をお支払いできない主な場合」をご説明いたします。詳細は普通保険約款・特約および自動車保険特約をご参照ください。

(1)相手への賠償(対人)

補償項目 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合 ★1
対人賠償
責任保険
ご契約のお車の自動車事故により、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、自賠責保険等で支払われるべき額を超える部分に対して、保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。
また、事故時に発生するさまざまな費用を補償する次の費用保険金をお支払いいたします。
・損害防止費用
・権利保全行使費用
・示談交渉費用 
〈対人賠償責任保険・対人臨時費用特約共通〉
保険契約者、記名被保険者または被保険者(補償の対象となる方をいいます。以下同様とします)の故意によって生じた損害
台風、洪水、高潮によって生じた損害
第三者との約定により加重された損害賠償責任を負担することによって生じた損害
次のいずれかの方が死傷された場合の損害
(1) 記名被保険者
(2) ご契約のお車を運転中の方またはその父母、配偶者(内縁を含みます。以下同様とします)もしくは子
(3) 被保険者の父母、配偶者または子
(4) 被保険者の業務(家事を除きます。以下同様とします)に従事中の使用人
(5) 被保険者の使用者の業務に従事中の他の使用人。ただし、被保険者がご契約のお車をその使用者の業務に使用している場合に限ります。なお、ご契約のお車の所有者が個人の場合は、運転者が記名被保険者の場合に限り、記名被保険者同僚災害特約で保険金をお支払いいたします。
対人臨時
費用特約
ご契約のお車の自動車事故により、他人を死亡させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、弔問・葬儀参列の際の弔慰金等の臨時費用の支出に備えて被害者1名につき20万円をお支払いいたします。
対歩行者等
傷害特約
ご契約のお車の自動車事故により、歩行中や自転車(原動機付自転車を除きます)乗車中※1の方を死亡させたか、ケガにより入院させた場合※2に、対人賠償責任保険で補償されない相手の方の過失部分を含んだ損害について、人身傷害条項損害額基準で算出した額※3を、保険金額を限度にお支払いいたします(自賠責保険等や対人賠償責任保険等の保険金または共済金は、損害額基準により算出した損害の額から除きます)。
※1 相手の方が自動車(原動機付自転車を含みます)乗車中の場合は保険金をお支払いできません。
※2 相手の方が通院のみによって治療された場合または通院のみによって治療された後に後遺障害が発生した場合は、保険金をお支払いできません。
※3 損害の額は、普通保険約款に記載された人身傷害条項損害額基準に従いあいおいニッセイ同和損害保険(株)で算出いたしますので、対人賠償責任保険の損害賠償の額と異なる場合があります。なお、算出に際しては、すべて公的制度(健康保険・労働者災害補償制度等)を利用したものとして算出いたします。例えば、治療費について公的制度を利用しなかった場合であっても、公的制度を利用したものとみなします。
対人賠償責任保険で保険金をお支払いできない場合
ご契約のお車に自賠責保険等が締結されていない場合
賠償被保険者が次のいずれかの方の場合
(1) 傷害被保険者の父母、配偶者(内縁を含みます。以下同様とします)または子
(2) 傷害被保険者の使用者(傷害被保険者がその使用者の業務(家事を除きます)に従事している場合に限ります)
傷害被保険者の父母、配偶者または子の運転するご契約のお車によって傷害被保険者が死傷した場合
傷害被保険者が記名被保険者の場合
傷害被保険者の故意または重大な過失によって生じた損害
傷害被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によって生じた損害
「心神喪失」とは、認知症、知的障害、精神障害等の理由により判断能力が常時欠けている状態をいいます。
傷害被保険者の闘争行為・自殺行為・犯罪行為によって生じた損害


(2)相手への賠償(対物)

補償項目 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合 ★1
対物賠償
責任保険
ご契約のお車の自動車事故により、他人の財物を損壊させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。
(注) 保険証券・保険契約継続証に記載された保険金額が10億円を超える場合(無制限を含みます)であっても、次の(1)または(2)のいずれかの事故については、保険金のお支払額は10億円が限度となります。

(1) ご契約のお車に業務(家事を除きます)として危険物を積載、またはご契約のお車が業務(家事を除きます)として危険物を積載した車を牽(けん)引する場合で火災・爆発・漏えいに起因する対物事故
(2) 航空機との対物事故
「道路運送車両の保安基準」第1条に定める高圧ガス・火薬類・危険物、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」第2条に定める可燃物、「毒物及び劇物取締法」第2条に定める毒物・劇物をいいます。(例)ガソリン、灯油、軽油、重油
また、事故時に発生するさまざまな費用を補償する次の費用保険金をお支払いいたします。
・損害防止費用 ・権利保全行使費用
・落下物取片づけ費用 ・示談交渉費用
〈対物賠償責任保険・対物超過修理費用特約共通〉
保険契約者、記名被保険者または被保険者の故意によって生じた損害
台風、洪水、高潮によって生じた損害
第三者との約定により加重された損害賠償責任を負担することによって生じた損害
次のいずれかの方が所有・使用または管理する財物が損壊した場合の損害
(1) 記名被保険者
(2) ご契約のお車を運転中の方またはその父母、配偶者(内縁を含みます。以下同様とします)もしくは子
(3) 被保険者またはその父母、配偶者もしくは子
対物超過修理
費用特約
ご契約のお車の対物事故による相手自動車の実際の修理費が、相手自動車の時価額を上回った場合に、修理費と時価額の差額に責任割合を乗じた額を、1事故1台につき50万円を限度にお支払いいたします。
(注1) 実際に相手自動車に損害が生じた日の翌日から6か月以内に修理完了することが保険金のお支払条件になります。
(注2) 相手自動車の車両保険(共済契約を含みます)から支払われた保険金(共済金)が相手自動車の時価額を超える場合、その超過額についてはお支払いの対象となりません。


(3)相手への賠償(対人・対物共通)

補償項目 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合★1
不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約 不正アクセス(ハッキング等)やご契約のお車の欠陥等により人身事故または物損事故が発生した場合で、被保険者に法律上の損害賠償責任がなかったことが確定したときに、被害者を救済するための費用を保険金額を限度にお支払いいたします。
この特約の保険金額は、被害者1名につき対人賠償責任保険と同額、1回の物損事故につき対物賠償責任保険と同額になります。
(注) 対人臨時費用特約、対歩行者等傷害特約、対物超過修理費用特約の保険金もお支払いの対象となります。
また、事故時に発生するさまざまな費用を補償する次の費用保険金をお支払いいたします。
・権利保全行使費用 ・調査折衝費用
保険契約者または記名被保険者の故意によって生じた損害
台風、洪水または高潮によって生じた損害
次のいずれかの方が死傷された場合の損害
(1) 記名被保険者
(2) ご契約のお車を運転中の方またはその父母、配偶者(内縁を含みます。以下同様とします)もしくは子
(3) 被保険者の父母、配偶者または子
(4) 被保険者の業務(家事を除きます。以下同様とします)に従事中の使用人
(5) 被保険者の使用者の業務に従事中の他の使用人。ただし、被保険者がご契約のお車をその使用者の業務に使用している場合に限ります。なお、ご契約のお車の所有者が個人の場合は、運転者が記名被保険者の場合に限り、記名被保険者同僚災害特約で保険金をお支払いします。
次のいずれかの方の所有、使用または管理する財物が損壊した場合の損害
(1) 記名被保険者
(2) ご契約のお車を運転中の方またはその父母、配偶者もしくは子
(3) 被保険者またはその父母、配偶者もしくは子


(4)おケガの補償

補償項目 保険金をお支払いする主な場合
人身傷害
保険
自動車事故により、ご契約のお車に乗車中の方等★2が死傷した場合に、保険金額の範囲内で普通保険約款に定める損害額基準および支払保険金の計算方法に基づいて保険金をお支払いいたします。なお、労働者災害補償制度から給付がある場合は、その給付額を差し引いてお支払いいたします。
また、事故時に発生するさまざまな費用を補償する次の費用保険金をお支払いいたします。
・損害防止費用  ・権利保全行使費用
(注1) 賠償義務者から損害賠償金が支払われた後に、保険金請求権者が保険金を請求した場合、賠償義務者との間で判決または裁判上の和解において損害の額が確定し、その基準が社会通念上妥当であると認められるときは、あいおいニッセイ同和損害保険(株)はその基準により算出された額を損害の額とみなして、保険金をお支払いします。ただし、これにより算出される額は、普通保険約款に定める損害額基準に基づき算定された損害の額を限度といたします。
(注2) 賠償資力が十分でない無保険車との事故により、ご契約のお車に乗車中の方が死亡または後遺障害を被った場合、一律2億円(人身傷害保険の保険金額が無制限の場合は、無制限)を限度に補償いたします。
【保険金のお支払方法】1回の人身傷害事故について、被保険者1名につき、次の算式によって算出される額をお支払いいたします。
(1) [先行全額払]お客さまの損害の額を、賠償義務者からの賠償に先行して保険金をお支払いする場合および賠償義務者のいない単独事故の場合
(2) [先行過失払]賠償義務者からの賠償に先行して、人身傷害保険における損害の額にお客さまの責任割合を乗じた額を保険金としてお支払いする場合
自賠責保険等から支払われる額が(人身傷害条項損害額基準により算定された額)×(賠償義務者の責任割合)により算出された額より大きい場合は、その差額分を差し引いて保険金をお支払いいたします。
(3) [後払]お客さまと賠償義務者との示談等の後に保険金をお支払いする場合
上記(1)または(2)の算式によって算出される額のいずれか高い方の額をお支払いいたします。
(注)人身傷害保険の下記「保険金をお支払いできない主な場合」もご覧ください。

補償項目 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合 ★1
自動車事故
特約
人身傷害対象事故の範囲を拡大し、他人の自動車(特約の条件を満たす自動車)に乗車中の自動車事故または歩行中・自転車乗車中などの自動車事故により、記名被保険者またはそのご家族★3の方が死傷した場合も、人身傷害保険および人身傷害自立支援費用特約の保険金をお支払いいたします。
また、傷害一時金特約、傷害一時金3倍額払特約、人身傷害子ども育英費用特約、人身傷害サポート費用特約をセットしている場合は、これらの特約もお支払いの対象となります。
記名被保険者またはそのご家族の方が自ら運転者として運転中(駐車または停車中を除きます)の他人の自動車の正規の乗車装置またはその装置のある室内に乗車中の方(ただし、記名被保険者またはそのご家族の方の使用者の業務(家事を除きます)のために運転中の、その使用者の所有自動車に乗車中の方を除きます)も補償の対象となります。
〈人身傷害保険・自動車事故特約・人身傷害自立支援費用特約・人身傷害福祉車両提供特約・傷害一時金特約・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約共通〉ただし、搭乗者傷害(死亡・後遺傷害)特約については、「損害」を「傷害」と読み替えます。
被保険者の故意または重大な過失によって、その本人に生じた損害
被保険者が、無免許運転・酒気帯び運転・麻薬等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で運転している場合に、その本人に生じた損害
被保険者が、自動車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで自動車に乗車中に、その本人に生じた損害
被保険者の闘争行為・自殺行為・犯罪行為によって、その本人に生じた損害
被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によって、その本人に生じた損害
「心神喪失」とは、認知症、知的障害、精神障害等の理由により判断能力が常時欠けている状態をいいます。

〈自動車事故特約・交通事故特約共通〉
ご契約のお車以外の自動車に乗車中で次のいずれかに該当する場合
(1) 記名被保険者、記名被保険者の配偶者(内縁を含みます。以下同様とします)、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族の方が所有または常時使用する自動車に乗車中の場合
(2) 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚(これまでに婚姻歴がないことをいいます)の子が所有または常時使用する自動車を自ら運転者として運転中の場合
(3) 被保険者の使用者の業務のために、使用者の所有自動車に乗車中の場合
(4) 競技もしくは曲技(これらのための練習を含みます)のために、または、それらのいずれかを行うことを目的とする場所において使用されているご契約のお車以外の自動車に乗車中の場合

〈交通事故特約のみ〉
〈人身傷害保険・自動車事故特約・人身傷害自立支援費用特約・人身傷害福祉車両提供特約・傷害一時金特約・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約共通〉に該当する場合。ただし、「自動車」を「自動車または交通乗用具」と読み替えます。
次の事由によって生じた傷害による損害
(1) 被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失
(2) 被保険者の妊娠、出産、早産、流産または外科的手術その他の医療処置
次に該当する間に生じた交通事故によって被った損害
(1) 被保険者が競技もしくは曲技(これらのための練習を含みます)のために、または、それらのいずれかを行うことを目的とする場所において交通乗用具に乗車中
(2) 被保険者が次のいずれかの航空機に乗車中
・グライダー ・飛行船 ・超軽量動力機 ・ジャイロプレーン

〈傷害一時金特約のみ〉

自動車事故特約、交通事故特約または犯罪被害事故特約がセットされている場合は、これらの特約で保険金をお支払いできない場合
 
交通事故
特約
上記自動車事故特約の補償に加え、自転車乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合等の自動車事故以外の交通事故で、記名被保険者またはそのご家族★3の方が死傷した場合に、人身傷害保険および人身傷害自立支援費用特約の保険金をお支払いいたします。ただし、自動車事故以外の交通事故の傷害による損害については、人身傷害条項損害額基準のうち、積極損害(治療関係費等)のみ支払対象となり、「休業損害」「精神的損害」は支払対象外となります。なお、傷害一時金特約、傷害一時金3倍額払特約、人身傷害子ども育英費用特約、人身傷害サポート費用特約をセットしている場合は、これらの特約もお支払いの対象となります。
記名被保険者またはそのご家族の方が自ら運転者として運転中(駐車または停車中を除きます)の他人の自動車の正規の乗車装置またはその装置のある室内に乗車中の方(ただし、記名被保険者またはそのご家族の方の使用者の業務(家事を除きます)のために運転中の、その使用者の所有自動車に乗車中の方を除きます)も補償の対象となります。
人身傷害
自立支援費用
特約
人身傷害対象事故の直接の結果として、被保険者が特約に定める後遺障害を被った場合に、自立して社会経済活動へ参加するために必要な職業訓練等の費用や福祉機器等の購入費用に対して、保険金をお支払いいたします。
本特約における被保険者の範囲は人身傷害保険と同じです。人身傷害保険に「自動車事故特約」または「交通事故特約」がセットされている場合は、人身傷害保険およびその特約の被保険者と同じです。
ウェルキャブ車
提供特約
(人身傷害
福祉車両提供特約
人身傷害対象事故により、被保険者または被保険者の指定する方が重度後遺障害を被った場合に、必要に応じてレクサス車とは別に福祉車両800万円を限度にご提供いたします。
傷害一時金
特約
人身傷害対象事故により、被保険者が傷害を被った場合に、治療日数や傷害の部位・症状に応じて傷害一時金をお支払いいたします。
本特約における被保険者の範囲は人身傷害保険と同じです。人身傷害保険に「自動車事故特約」または「交通事故特約」がセットされている場合は、人身傷害保険およびその特約の被保険者と同じです。
搭乗者傷害
(死亡・後遺障害)
特約
ご契約のお車の自動車事故により、ご契約のお車に乗車中の方が死亡または後遺障害を被った場合に、保険金をお支払いいたします。
(注) この特約は、傷害一時金特約をセットしたご契約にご希望によりセット可能です。
人身傷害
サポート費用
特約
人身傷害事故に伴う、次の(1)〜(3)のさまざまな費用保険金をお支払いいたします。
(1) 入院時諸費用保険金
被保険者※1が傷害を被り入院した場合に、次の費用をお支払いします※2
◯ホームヘルパー雇入費用 ◯介護ヘルパー雇入費用 ◯ベビーシッター雇入費用 ◯保育施設預け入れ費用 
◯ペットシッター雇入費用 ◯ペット専用施設預け入れ費用 ◯差額ベッド費用 ◯転院移送費用
(注)ペットは、犬または猫に限ります。
(2) 遠隔地家族臨時交通費用保険金
被保険者※1が死亡または入院した場合に、葬儀参列または看護等のために、遠隔地家族※3が、その居住地から現地へ赴くために利用する鉄道、船舶、航空機等の費用から遠隔地家族※31名に対し免責金額1万円を差し引いた金額をお支払いいたします※2
(3) 介護支援費用保険金
被保険者※1が重度後遺障害を被り、次の(a)および(b)に該当する場合、人身傷害条項損害額基準で算出した将来の介護料と同額を人身傷害保険とは別にお支払いいたします。
(a) 人身傷害保険金が支払われること
(b) 人身傷害条項損害額基準で算出した将来の介護料が損害の額に含まれること
※1 本特約における被保険者の範囲は人身傷害保険と同じです。人身傷害保険に「自動車事故特約」または「交通事故特約」がセットされている場合は、人身傷害保険およびその特約の被保険者と同じです。
※2 費用ごとに支払限度額があります。入院時諸費用保険金と遠隔地家族臨時交通費用保険金を合計して200万円が限度となります。
※3 「遠隔地家族」とは、被保険者の配偶者(内縁を含みます)・子・父母をいいます。
〈人身傷害保険・自動車事故特約・人身傷害自立支援費用特約・人身傷害福祉車両提供特約・傷害一時金特約・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約共通〉に該当する場合
犯罪被害
事故特約
日常生活において犯罪行為(第三者による人の生命・身体を害する意図をもって行われた行為)を受け、記名被保険者やそのご家族★3の方が死傷した場合に、人身傷害保険の保険金をお支払いいたします。
また、傷害一時金特約をセットしている場合は傷害一時金もお支払いの対象となります。
(注1) 被害について警察に届け出ることが条件となります。
(注2) 「ケンカ」などの闘争行為による被害は対象となりません。
〈人身傷害保険・自動車事故特約・人身傷害自立支援費用特約・人身傷害福祉車両提供特約・傷害一時金特約・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約共通〉に該当する場合
次の事由によって生じた傷害による損害
(1) 被保険者の妊娠、出産、早産、流産または外科的手術その他の医療処置
(2) 被保険者に対する刑の執行
被保険者または保険金を受け取るべき者が次の行為を行った場合
(1) 犯罪被害事故または犯罪被害事故の原因となった事故を指示、共謀、嘱託、教唆または幇(ほう)助する行為
(2) 犯罪被害事故を容認する行為
(3) 過度の暴力または脅迫、重大な侮辱等犯罪被害事故を誘発する行為
(4) 犯罪被害事故に関する著しく不正な行為
次のいずれかの方がその犯罪行為を発生させた場合
(1) 被保険者の配偶者(内縁を含みます)
(2) 被保険者の直系血族
(3) 被保険者の3親等以内の親族
(4) 被保険者の同居の親族

★1 次の場合には、補償項目を問わず保険金をお支払いすることはできません。
地震、噴火、これらによる津波によって生じた損害・傷害
戦争、武力行使・革命・内乱等の事変、暴動、核燃料物質 等によって生じた損害・傷害

ご契約のお車を競技もしくは曲技(これらのための練習を含みます)のために使用すること、または、それらのいずれかを行うことを目的とする場所において使用することによって生じた損害・傷害

次のいずれかに該当する事由がある場合には、ご契約および特約を解除することがあります。この場合には、全部または一部の保険金をお支払いできません。
(1)保険契約者、被保険者、保険金受取人が、保険金を支払わせる目的で事故を起こした場合 (2)保険契約者、被保険者または保険金受取人が、暴力団関係者、その他の反社会的勢力に該当すると認められた場合 (3)被保険者または保険金受取人が保険金の請求について詐欺を行った場合 等
★2 ご契約のお車の保有者(自動車損害賠償保障法第2条第3項に定める保有者をいいます)・ご契約のお車の運転者(自動車損害賠償保障法第2条第4項に定める運転者をいいます)についても、ご契約のお車の運行に起因する事故により身体に傷害を被り、かつ、それによって自動車損害賠償保障法第3条に基づく損害賠償請求権が発生しない場合に限り、補償の対象となります。
★3 「ご家族」とは、記名被保険者の配偶者(内縁を含みます)、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・別居の未婚(これまでに婚姻歴がないことをいいます)の子をいいます。
ページトップ

(C) Aioi Nissay Dowa Insurance Co., Ltd.(2018年3月承認)GB17A010917