ニュースリリース

介護・福祉事業者向け総合商品の改定について

2016年11月15日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉恭三)は、認知症患者の増加、情報漏えいの社会問題化といった近年の環境変化に対応すべく、介護・福祉事業者向け商品の改定を実施します(2017年4月1日以降保険始期契約より)。


1.背景

・近年、認知症患者数は増加を続けており、2025年には65歳以上の5人に1人が罹患すると言われています。認知症を患うと、徘徊などで誤って線路に立ち入るなどして電車を止めてしまい多額の損害賠償請求を受けるケースも想定されるため、万一の事故への備えとして保険のニーズが高まっています。

・公的機関や企業の個人情報漏えい事件のように、サイバー攻撃などを原因とする情報漏えい事件が社会問題となっています。また、2016年1月のマイナンバー制度スタートや2017年春に予定されている改正個人情報保護法の施行もあり、情報漏えいに備える保険への関心が非常に高まっています。


2.商品改定の概要

image




以上