ニュースリリース

あいおいニッセイ同和損保コミュニケーションレポートを発行

2014年10月24日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:鈴木 久仁、本社:東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号)は、社外の皆さまとのコミュニケーションツールとして「あいおいニッセイ同和損保コミュニケーションレポート〜地域の皆さまとともに〜」を発行しました。

本年度の「コミュニケーションレポート」は、これまで別に作成していた「会社案内」の内容を統合することで、より一層当社を理解いただけるよう工夫しています。



【コミュニケーションレポートの主な特長】 

・本年度から、中期経営計画や財務指標などの会社情報と、社会貢献活動などのCSRに関する取り組み内容の双方を掲載し、内容を拡充しています。

・本レポートは、当社が社会的責任を果たすために取り組むべき重点課題として定めている、「本業を通じた取り組み」「地域・社会への貢献」「地域・社会とのコミュニケーション」「地球環境保全の取り組み」「企業風土・人財育成」の5つにそって、活動内容を伝えています。

・日本パラリンピック委員会のオフィシャルパートナーとしての障がい者スポーツ支援や東日本大震災の被災地支援、女性社員による座談会など、当社をより身近に感じていただけるようなコンテンツを多数掲載しています。

・損害保険会社唯一のベルマーク協賛会社として、オリジナルの組立式ベルマーク収集BOXを添付し、収集を呼び掛けています。収集したベルマークは、東日本大震災被災地の幼稚園、小・中学校へ寄贈する予定です。



【コミュニケーションレポートの概要】

・発行部数 40,000部

・ホームページにて閲覧いただけます。

 URL:http://www.aioinissaydowa.co.jp/csr/csr_report/

・添付のアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、防災グッズ(災害備蓄用パンの缶詰など)を進呈することとしています。


image




以上