クルマの保険 保険始期日が平成27年10月1日以降のご契約についてのご説明です。

  • 相手への賠償(対人)
  • 相手への賠償(対物)
  • おケガの補償
  • お車の補償
  • クルマのトラブルサポート
  • その他の補償・サービス
  • 事故が起こってしまったら
  • 保険料試算

基本補償

自動 ・・・自動的にセットされます。

対物賠償責任保険自動

ご契約のお車の自動車事故により、他人の財物を損壊させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、保険金額を限度に保険金をお支払いします。なお、対物賠償責任保険では免責金額をご設定いただきます。

おすすめ

保険金額は「無制限」、免責金額は「なし」をおすすめします。

ポイント

相手の方との示談交渉、修理工場との打ち合わせ、損害の額の調査など、当社が行います。
ただし、相手の方が当社と直接折衝することに同意しない場合や、被保険者が正当な理由なく当社への協力を拒まれた場合などは、当社は相手の方との示談交渉を行いません。

たとえばこのような事故の時

お客さまが一時停止の標識に気づかず交差点に進入。Bさんのお車と衝突し、Bさんのお車に損害(100万円)が発生。
一時停止標識がある交差点での、直進車同士の出合い頭事故。お客さまの責任割合は80%(責任割合は一例)。

保険金のお支払例

(注)対物賠償責任保険の免責金額が「なし」の場合

オプション補償

希望 ・・・ご希望によりセットできる特約です。別に定める保険料を払い込んでいただく必要があります。

対物超過修理費用特約希望

ご契約のお車の対物事故による相手自動車の実際の修理費が、相手自動車の時価額を上回った場合に、修理費と時価額の差額に責任割合を乗じた額を、1事故1台につき50万円を限度にお支払いします。

なお、実際に相手自動車に損害が発生した日の翌日から6か月以内に、修理完了することが保険金のお支払条件です。

例えばこのような事故の時

お客さまがわき見をしてしまい、信号待ちで止まっていたCさんのお車に追突。Cさんのお車の時価額は30万円だったが、修理するために50万円かかる。
お客さまの責任割合は100%(責任割合は一例)。

具体例

  • (注)お客さまが対物賠償責任保険の免責金額を「なし」で契約、車両保険に加入していないCさんがお車を実際に修理された場合の事例。
  • このページは「タフ・クルマの保険」の概要を説明したものです。ご契約にあたっては、必ず「タフ・クルマの保険パンフレット」、および「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」を併せてご覧ください。
    また、詳細は「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意しています。当ホームページでご確認いただくか、もしくは代理店・扱者/仲立人、または当社までご請求ください。
    ご不明な点は、代理店・扱者/仲立人、または当社にお問合わせください。
  • 「タフ・クルマの保険」は、「個人総合自動車保険」のペットネームです。

2016年12月承認 承認番号:GB16A010899

facebook

twitter