保険の対象の評価

ご確認4 保険の対象の評価

保険の対象の「評価額」をご確認ください。

評価額とは

評価額の算出は、再調達価額(新価額)を基準として評価する方法、時価額を基準として評価する方法の2種類があります。
なお、「タフ・住まいの保険」(家庭総合保険)、「マイホームぴたっと」(住居建物総合保険)、「積立家庭総合保険」などでは、時価額を基準とすることはできません。

新価(再調達価額) 損害が発生した時の発生した場所における保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築、または再取得するのに必要な金額
時価額

再調達価額から、「使用による消耗分」を差し引いた金額

  • 事故が発生した場合、事故発生時の時価額を基準に保険金をお支払いします。
    なお、お支払いする損害保険金だけでは、再築、再取得する費用に満たず、自己負担が発生する場合があります。
  • 時価額を基準として評価する場合は、毎年の「使用による消耗分」を考慮する必要があります。

「建物評価額」の算出

建物は、新築当時の建築価額(土地代を除く)、建物の建築年、建物の面積(平方メートル)から評価額を算出します。

「建物評価額」の算出 チャート

「家財評価額」の算出

家財は、世帯主の年令と家族構成で、標準的な評価額を算出します。

「家財評価額」の算出

ご注意 1個、または1組が30万円を超える貴金属など

「タフ・住まいの保険」(家庭総合保険)、「マイホームぴたっと」(住居建物総合保険)、「積立家庭総合保険」の場合

家財をご契約の場合、貴金属などは、自動的に保険の対象に含まれますが、1個、または1組に対して30万円を超える損害は損害の額を30万円とみなします。
1個、または1組ごとの再調達価額が30万円を超える貴金属などをお持ちの場合は、30万円を超える損害に備えるための「家財明記物件特約」をご用意しています。

なお、「家財明記物件特約」は、保険の対象に「家財」を含む場合のみセット可能です。家財明記物件のみを保険の対象にはできません。 なお、「家財明記物件特約」の保険金額は、貴金属などの再調達価額をもとに設定します(1,000万円を超える場合はご契約できません)。

2016年11月承認 承認番号:GB16B010873