建物の構造

ご確認3 建物の構造

保険の対象の建物の構造級別が、正しいことをご確認ください。
保険の対象が家財などの動産の場合には、保険の対象を収容している建物の構造級別をご確認ください。
なお、構造級別は保険料を決定する要素の1つです。

構造級別とは

建物は、火災などの災害にどれくらい強いかで構造級別を区分しています。
柱や工法、法令上の耐火性能(耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火建物)で判定します。

構造級別の判定にあたっては、建築確認申請書、設計仕様書、または設計図面などで、建物の耐火性能を確認させていただく場合があります。
木造の建物の場合でも、法令上の耐火建築物、準耐火建築物、または省令準耐火建物に該当するかどうか必ずご確認ください。
なお、耐火構造建築物は耐火建築物として、特定避難時間倒壊等防止建築物は準耐火建築物として取り扱います。

専用住宅・共同住宅の場合

併用住宅の場合

ご注意耐火性能の確認方法

法令上の耐火性能(耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火建物)で構造級別を判定する場合は、以下の確認書類のコピーを提出いただきます。

耐火建築物、準耐火建築物 省令準耐火建物
  • 1.設計仕様書、設計図面、住宅などの性能を示すパンフレットなど
  • 2.建築確認申請書の第四面「5.耐火建築物」欄の記載内容
    • 耐火建築物
      「耐火建築物」と記載
    • 準耐火建築物
      「準耐火建築物(イ-1)(イ-2)(ロ-1)(ロ-2)」と記載
  • 3.施工者、またはハウスメーカーが発行した証明書
  • 1.設計仕様書、設計図面、住宅などの性能を示すパンフレットなど
  • 2.住宅金融支援機構等特約火災保険を契約していた(または契約している)建物で、「ご契約カード」などの構造級別欄が以下のいずれかの表示であること
    • C’(3’)
    • 省令準耐火
    • 省令簡耐
  • 3.住宅金融支援機構の承認を得た「木造軸組工法による省令準耐火構造の住宅」に適合することがわかる資料(特記仕様書)
  • 4.施工者、またはハウスメーカーが発行した証明書

ご参考 住宅物件 構造級別判定の変更(2010年1月実施)

2010年1月、構造級別の判定方法を変更しました。

構造級別の簡易判定

お客さまのご契約がどの構造に該当するか、「構造級別の簡易判定」でご確認ください。

構造級別の簡易判定

経過措置の適用条件

構造級別が、H構造、または3級に該当した場合は、保険料の負担を軽減するために「経過措置」が適用される場合があります。

対象契約

更改前のご契約の保険始期日が平成21年12月31日以前でB構造、または2級と判定されていた建物が、更改後にH構造、または3級と判定されるご契約

  • 経過措置を適用したご契約を更改される場合も引き続き適用
  • 更改前のご契約が当社のご契約でない場合も、条件を満たしていれば適用
    ただし、更改前のご契約の保険証券(写)などのご提出が必要です。
更改後のご契約の条件

以下の条件すべてに合致するご契約

  • 1.始期日が、更改前のご契約の満期日、または解約日と同一
  • 2.保険の対象である建物、または保険の対象である家財を収容する建物が、更改前のご契約と同一
  • 3.保険契約者が、更改前のご契約と同一
    ただし、下記の(1)〜(3)などによる保険契約者、または保険契約者名の変更は、保険契約者が更改前のご契約と同一とみなします。
    • (1)死亡による相続
    • (2)改姓・名称変更
    • (3)企業の合併・統合
適用上のご注意
  • 1.保険期間の中途で保険の対象を移転した場合、または保険の対象である建物の買い替えや建て替えした場合、その時点で経過措置は終了
  • 2.保険期間の中途で保険契約者を変更した場合、その時点で経過措置は終了
    ただし、上記「更改後のご契約の条件」3.(1)〜(3)などによる変更は、保険契約者の変更とはみなしません。
  • 3.更改時、または保険期間の中途で、保険の対象である建物に収容される家財などを保険の対象に追加した場合も、経過措置を適用

ご参考構造級別と保険料イメージ

構造級別によって、保険料が異なります。

構造級別と保険料イメージ

  • M級は、「タフ・住まいの保険」(家庭総合保険)、「マイホームぴたっと」(住居建物総合保険)、「積立家庭総合保険」にのみ適用

2016年11月承認 承認番号:GB16B010873