スポーツ支援

日本障がい者スポーツ協会のオフィシャルパートナーに

社会貢献活動の一環として、2014 年より公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会(JPSA:Japanese Para - Sports Association)のオフィシャルパートナーを務めています。

当社では、行動指針の1つとして、地域社会とのつながりを大切にする「地域密着」を掲げて、この「地域密着」活動の一環として、全国各地で障がい者スポーツ、およびジャパンパラ競技大会※への支援と応援活動を行っています。

※ジャパンパラ競技大会とは
国際的な競技力向上を目指し、1991年より日本パラリンピック委員会と競技団体が主催して開催している国内最高峰の競技大会です。現在、陸上競技、水泳、ゴールボール、ウィルチェアラグビー、アルペンスキー、クロスカントリースキーの6競技を対象に実施しています。

日本障がい者スポーツ協会

車椅子バスケットボール、障がい者水泳を応援

国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会

(国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会)

私たちは損害保険会社として、自動車事故などで障がいを負った方の、自立や社会復帰・参加を支援したいという想いから、一般社団法人日本車椅子バスケットボール連盟、一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟のオフィシャルスポンサーをはじめ、各種大会の協賛や大会へのボランティア参加などを行っています。

当社が協賛している大会

  • 内閣総理大臣杯争奪 車椅子バスケットボール日本選手権
  • 日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会
  • 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会
  • 北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会
  • 春季静岡水泳記録会

障がい者スポーツ選手の就労支援

当社は、2014年度より、障がい者スポーツ支援の一環として、障がい者スポーツ選手の採用を積極的に推進しています。

この制度では、競技活動費用の支援に加え、大会への参加や強化練習時には一定範囲内で就労を免除するとともに、特筆すべき活躍には褒賞金を支給するなど、選手としての活動を支援しています。また、選手活動を引退した後も、継続して雇用することを基本としています。
現在6名の選手が所属しています。

実業団駅伝大会を協賛

当社参加ランナーの集合写真

(当社参加ランナーの集合写真)

当社では、スポーツ振興の一環として、また、地域の皆さまとともに歩んでいきたいという想いから、「大阪実業団駅伝競走大会」の特別協賛企業として運営をサポートしています。1948年にスタートしたこの大会は、大阪の街に根ざし、大阪の街とともに歴史を重ねてきた伝統ある駅伝大会です。大会は、年々規模を大きくし、2016年1月に開催された第69回大会には、総勢900チーム以上がエントリーしました。当社からも、近畿圏内を中心に札幌、金沢、名古屋、九州、東京など幅広い地域から95チームが参加し、大いに盛り上がりました。

サッカー日本代表を応援

MS&ADインシュアランス グループは、日本代表チームのサポートを通じて、皆さまへ安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えていきます。

MS&ADインシュアランス グループはサッカー日本代表を応援しています!!

facebook

twitter