文化・教育支援

芸術・文化支援活動の拠点「あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール」

あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

当社は「あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール」を芸術・文化支援活動(メセナ)の拠点として位置付け、クラシック音楽を中心に国内外のアーティストによる良質な音楽を自主企画公演として発信し続けています。

また、ホールをさまざまな公演に開放することも重要な活動と位置付け、年間約200の演奏会に利用されるなど、地域の音楽・文化活動の発展に大いに寄与しています。

これからも多くのお客さまに身近に音楽を感じていただき、親しまれるホールを目指すとともに、趣向をこらした音楽活動を通じて地域社会への貢献をさらに進めていきます。

あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

椿の絵画、美術工芸品を全国で公開

所蔵している「椿」を題材にした絵画や美術工芸品を、できるだけ多くの方々にご覧いただくため、全国の美術館や博物館で行われる展覧会に出品しています。
日本を代表する作家が描く、椿の美しさをさまざまに表現した作品を、たくさんの皆さまにご覧いただいています。

尾形乾山「綉絵椿図角皿」

尾形乾山「綉絵椿図角皿」

奥村土牛「紅椿」

奥村土牛「紅椿」

国際医療福祉大学への奨学金寄付

国際医療福祉大学への奨学金寄付

当社は、高齢化社会に対応し、介護サービスやシルバー事業における取り組みを強化するため、高齢者介護・リハビリテーションなど医療福祉分野を支える人財を育成する国際医療福祉大学(栃木県大田原市)の学生を対象とした奨学金制度を支援しています。
これは、国際医療福祉大学から推薦された学生に、返還義務のない奨学金を原則として卒業時まで給付するもので、この制度を活用し、2015年度までに145名が卒業、それぞれの専門分野で活躍されています。

早稲田大学提携講座

当社とMS&AD基礎研究所(株)は、2007年度より早稲田大学商学部において「新時代の保険事業―グローバルスタンダードと少子高齢社会を迎えて」をテーマに提携講座(春学期計14回)を開催しており、MS&ADインシュアランス グループの役職員などが講師を務めています。急速なリスクのグローバル化・高齢化の進展、また真にお客さま本位の保険事業の展開が強く求められる中で、我が国の保険事業のあり方や方向性も変革が求められています。このため、CSR活動の一環として次世代を担う人財の育成を支援する目的で、これまで培ってきた経験やノウハウ、構築してきたネットワークを活用した講座を提供しています。

ユネスコ協会ESDパスポート

ユネスコ協会ESDパスポート

2014年度より公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が主催する「ユネスコ協会ESDパスポート」に協賛しています。

『ユネスコ協会ESDパスポート』は、日本ユネスコ協会と学校が協同して取り組むプロジェクトです。子どもたちが世界や地域社会の課題に目を向け、自らの問題として捉え、自分自身で考え、そして自発的に行動する機会をもっと増やすためのプロジェクトで、持続可能な社会づくりの人材育成に取り組みます。
当社はこのプロジェクトに協賛し、パスポートの発行や体験発表会での活動アドバイスなどを行っています。

Kids'ISO14000プログラムへの協賛

Kids'ISO14000プログラムへの協賛
第13回Kids' ISO 14000プログラム初級編国際認定証授与式

当社では、子どもの教育支援の一環として、2005年度より、国際芸術技術協力機構(ArTech)が日本国内、および世界に対して展開している子どもの環境教育プログラム「Kids' ISO 14000プログラム」に協賛しています。
本プログラムは、環境保護の取り組みの基本である、省エネ・節水・リサイクルについて環境ISOの手法(PDCA)を使って、家庭内で実際に取り組むことにより、環境問題に対する意識向上を図るものです。また、初級編以上の国際認定取得者は、国際認定証が授与されます。本プログラムには、当社社員、および代理店の子弟が、2015年度までに607名(入門編448名、初級編159名)参加しました。また、初級編では117名が国際認定となり、埼玉県知事賞、環境大臣賞、および文部科学大臣賞を受賞しました。

facebook

twitter