ニュースリリース

コンタクトセンター機能を活かした代理店向け支援策『アシスト5』の提供について

2017年7月14日
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、コンタクトセンター機能活用・ノウハウ提供による代理店向け支援策『アシスト5』を新たに提供します。併せて、商標登録されたこともお知らせします。


1.背景・目的

当社コンタクトセンターでは、業務品質に重点を置き、お客さまとの対応強化を中心に取り組んでおります。一方、代理店のみなさまからは「従業員の電話応対のスキルを向上させたい」「コールセンターを設立したいがどのように進めたら良いのかわからない」「効率的に営業活動を実施したい」等の声を数多く頂いておりました。

今般、その要望に応える形で、長年培った高品質な当社のコンタクトセンター機能とそのノウハウを代理店のみなさまの本業支援・経営支援に資する5つのテーマに取り纏め、代理店支援策『アシスト5』※1 として提供を開始しました。

『アシスト5』のメニューは大きく分けて、当社から新規開拓や既顧客へのクロスセル・アップセルを案内するアウトバウンドコールによる営業活動支援と、当社コンタクトセンターのツール・ノウハウ・研修等の提供となっており、代理店が5つのメニューの中から自由に選択して各社のニーズに合ったサービスを活用できる仕組みです。

※1 『アシスト5』とは、当社が10年超に亘り、車椅子バスケットボールのスポンサーを務めていることから、バスケットボールに因み、命名しました。


本支援策は、代理店の増収・大型化・品質向上支援策であるとともに本業支援にもつながる内容であり、テスト展開段階でも、全国の様々な業種の代理店のみなさまにご利用頂き、好評を得ております。今後は多数の代理店のみなさまに活用していただき、今回の商標登録を契機に当社と代理店が一体となっての更なる増収基盤の構築を目指します。



2.『アシスト5』の具体的支援内容

image



以上